子どもの時に覚えた外国語はどの程度残るのか バイリンガルになるかは"子ども自身"が選ぶ

東洋経済オンライン / 2019年8月14日 11時0分

この子どものセリフのカタカナ表記は、この子がすべて日本語で話したことを表しています。母親からは英語で話しかけられて育ってきたので、英語はわかっているようで、母親の言ったことにかみ合った受け答えをしています。しかし、日本語しか使っていません。

この調査では、調査対象になった家庭の子どもの3分の1が、家庭内で、母親が英語で話しかけても日本語で答えていました。そのような子どもの中にも、電話に出たりして必要になれば英語を話す子どもはいました。ですから、英語で話しかける母親に日本語で答える子どものすべてが、英語が話せなかったわけでもなさそうです。

■なぜ英語の質問に日本語で答えたのか

では、なぜ英語を話さずに日本語で話すのでしょうか。

先ほどまで友達とはずっと日本語で話していたのであれば、ここで急に英語に切り替えるのが面倒だったり難しかったりするということもあるでしょう。

先述したケンくんも、日本語で友達に言われたセリフを引用していましたが、実際このような場合、ぴったりの英語の表現を見つけるのは簡単ではありません。用件が伝わればよいという場合の翻訳と違って、ニュアンスまでぴったりした表現を探すのは、それこそ翻訳家が専門的に取り組んでいるくらい難しい仕事です。

そのこととも関連しますが、日本語の園や学校に行って、今や日本語を使う時間のほうが長く、日本語の語彙や表現のほうが豊富になってきているとすれば、自分の言いたいことを表現するにはこちらのほうがいい、これしかない、ということもあるかもしれません。

それに加えて、母親に日本語が通じることを知っていれば、子どもとしては「どうしてわざわざ(自分にとってはすでに使いにくい)英語で話さなければいけないの?」ということにもなります。

この「どうして○○しなくてはいけないの?」という問いかけは、そのまま、学校の勉強がイヤで「どうしてこれを勉強しなくちゃいけないの?」と不機嫌にしている子どもの姿と重なります。学校の勉強に努力が必要なように、日常よく使う言語のほかにもう1つ母親の話す言語も維持していくのだとすれば、やはりそこにも努力が必要です。

"維持"と書きましたが、学校で日本語の語彙がどんどん増えることを考えれば、それに対応する英語の語彙も増やしていかなければ、2つの言語で同じ内容を語ることができるようにはなりません。

つまり、バイリンガルの子どもが、家だけで使う英語を、家の外で使う日本語と同じくらい"使える"状態に維持していくためには、モノリンガルの子どもの倍の努力が必要ということになります。必要性が感じられないなら努力する気にもなれないのは、学校のほかの勉強と同じでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング