青春18だけじゃない、「お得な切符」で気まま旅 夏が終わっても「使える切符」は見つかる

東洋経済オンライン / 2019年9月14日 7時10分

JR肥薩線・大畑駅のスイッチバック(写真:ドラマル/PIXTA)

夏も終わり、夜になるとコオロギの声が聞こえてくるようになった。残暑は厳しいが、夕刻は過ごしやすくなり、空を見上げると薄雲がたなびいて、確実に秋の気配が迫っている。夏の旅の定番であった、青春18きっぷの時期もいったんは終了となる。

18きっぷは安さと自由の利く代表といえるが、利用期間は限られている。けれども、いつだって旅に出たい。そこでほぼ通年で使えるお得なきっぷを活用してみよう。

■「お得なきっぷ」は多種多様

と言うものの、多種多様なきっぷが存在する。たとえばJR東日本管内でよく知られているものに「週末パス」「休日おでかけパス」があるが、各エリアにも「あおもりホリデーパス」「津軽フリーパス」「いわてホリデーパス」「仙台まるごとパス」「えちごツーデーパス」「えちごワンデーパス」等々が設定され、さらに期間限定のきっぷも多数ある。

JR各社それぞれ同様であり、私鉄やバスまで広げるともはや無数と言っても過言ではなく、これらをすべてそらで言える人はそういないだろう。

そこで、乗り放題型のきっぷをいくつか覚えておき、必要に応じて行く先々のエリアになにかお得なきっぷがあるかどうか調べてみるのがよい。以下に代表的なものを挙げる。

◆18きっぷに似たタイプの乗り放題きっぷ(新幹線・特急不可。別途乗車券と特急券が必要)
・旅名人の九州満喫きっぷ
1万0800円 3日 九州内の鉄道の快速・普通列車
・四国再発見早トクきっぷ
2060円 土日祝の1日 JR四国の快速・普通列車

◆乗り放題きっぷ(別途特急券購入で新幹線・特急に乗車可)
・週末パス
8730円 土日祝の2日連続 甲信越~南東北のJR東日本と14の会社線
・三連休東日本・函館パス
1万4050円 3連休 JR東日本、JR北海道の函館エリア、7社の会社線
・休日おでかけパス
2670円 休日、正月、GW、夏休み時期の1日。主に首都圏エリア
・JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ
8480円 土日祝の2日連続 JR東海と16社の会社線
・ぐるっと九州きっぷ
1万4500円 3日連続 JR九州

※価格は2019年9月1日現在。10月1日以降、消費税増税による変更あり
 発売日、発売エリア、GW・お盆・正月の制限、利用可能新幹線の種類や回数などに注意

個人的によく使うのは「旅名人の九州満喫きっぷ」だ。JRだけでなく私鉄に使えることがすばらしいし、利用期間も購入日から3カ月以内と使い勝手もよい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング