「韓国の高速道路」は日本と何が異なるのか 実際に現地で運転して気づいたこととは?

東洋経済オンライン / 2019年9月18日 7時10分

京畿道の烏山(オサン)のサービスエリア(筆者撮影)

この夏、戦後最悪とも言われる日韓関係で揺れる中、世界遺産の調査のため韓国を訪れた。目的地が中部の地方都市や山間部だったため、ソウルでレンタカーを借りていくつもの高速道路を自分で運転する機会を得た。短い時間ではあったが、韓国の高速道路を実際に走った体験をお伝えしたい。

■2020年までに6000kmの道路網構築を計画

韓国の面積は北海道より少し広い程度だが、現在国土の高速道路の総延長は4000kmを超えており、図でもわかるとおり国土の隅々までくまなく張り巡らされている。

韓国道路公社のホームページを見ると、2020年までに6000kmの道路網の構築を計画していること、それは国土のどこからでも30分以内に高速道路にアクセスできることを目指しているためだということが明記されている。

今回の調査では、ソウル・金浦空港から水原、天安を経て中部の古都、忠清南道の扶余まで、また帰路は大田広域市からソウルまでを別のルートで戻った。その際に利用した道路の1つが、韓国の高速道路の象徴で、ソウルと第2の都市釜山を結ぶ京釜(キョンプ)高速道路である。日本でいえば東名・名神高速道路にあたる。

全長およそ420km、清州、大田、大邱、慶州など主要都市を通り半島の背骨を結ぶ道路で、1970年に全通しており間もなく50周年を迎える。東名高速道路の全通が1969年であることを考えると、ほぼ同じ時期に完成しており、韓国の経済発展を表す「漢江の奇跡」の象徴となる開通であった。

京釜高速は一部を除くほとんどの区間が片側4車線で、ソウル近郊では上下10車線の堂々たる設備を誇っている。道路上の表示では高速道路名ではなく、それぞれの道路に振られた番号が表示されており、京釜高速には1号線を表す「1番」が与えられている。

なお、この高速道路1号線は、日本橋を起点に東名、名神、中国、九州道などを経由して、博多港からは海路釜山に上陸し板門店から先は北朝鮮につながる「アジアハイウェイ1号線」にもなっていて、その表示も高速道路上で見ることができる。

韓国の高速道路の制限速度は、普通車で時速110kmと100kmの箇所が混在しているが、今回走った区間はほぼ110kmで走ることができた。

韓国人の運転は荒い、ソウル市内では運転しないほうがいいとはよく言われることであるが、今回の体験の中では、高速道路ではおおむね制限速度内で走行している車がほとんどで、突然割り込まれたり、脇を猛スピードで追い抜かれるというようなことはまったくなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング