「うつの人に頑張れはNG」と言い切れない理由 前向きな言葉が「回復」を促す場合も

東洋経済オンライン / 2019年9月24日 18時0分

うつ病の人に「頑張れ!」と言ってはいけないという説は本当なのでしょうか?(写真:taa/PIXTA)

昔から「うつ病の人に頑張れと言ってはいけない」という説があります。しかし、専門家によれば、必ずしもそうとは言い切れないようです。その理由を、「金スマ」「世界一受けたい授業」にも出演した、精神科医の岩波明氏が解説します。

まず、「うつ状態」と「うつ病」を区別することが重要です。「うつ状態」だからといって、必ずしも「うつ病」とはいえないという点を押さえておきましょう。

うつ状態において、悲しい気持ち、不安な気持ちになることは、人間にとって自然で健康的な感情の動きで、誰もが経験するものです。仕事や学業で失敗したとき、恋人と別れたときに憂鬱な感情に見舞われるのは、無理もないことです。そのため、同じうつ状態でも、うつ病と診断すべきときと、人間として正常な反応として見るべきときが混在しています。

その2つを分けるものは、1つは「うつ状態」の持続期間です。この際、「うつ病」と診断されるのは、うつ状態が2週間以上、時には数カ月という長期にわたり継続するケースです。一過性のうつ状態は、うつ病とは診断されません。

■「うつ病」とはどんな状態か?

症状に目を向けるなら、一般的にうつ病というのはシンプルな疾患です。うつ病の症状としては、大きく次の3つの症状を覚えておくとよいでしょう。1つひとつは、誰でも少なからず経験したことがあるはずです。

1つめの症状は「抑うつ」です。うつ病のイメージとして、最も一般的なものがこれでしょう。明らかな原因がある場合もあれば、原因がはっきりしないこともありますが、重苦しく、暗い気持ちになります。悲しくなり、楽しい、明るい感情が起きなくなります。抑うつがひどくなると、不安やイライラが募ることもあります。時には、自殺を考えるようになります。

2つめの症状は「抑制」です。これは思考や行動における「意欲の低下」を指しています。例えば、判断がつかない、思考が滞る、集中できないというものです。とくに「決められない、判断ができない」という患者が多いようです。また行動面では、仕事でもプライベートでも、何をするにもおっくうになる、根気がなくなる、といった症状として表れます。好きな趣味の活動にも興味がなくなり、引きこもりに近い状態になることもあります。

3つめの症状が「身体的な症状」です。中でも、睡眠障害と食欲不振が目立ちます。睡眠障害は、寝つきが悪い(入眠障害)、眠りが浅い(熟眠障害)、深夜や早朝に目が覚めてしまう(早朝覚醒)などの組み合わせで表れます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング