日本人の9割がわかっていない「資本」の本質 「バランス」ではなく「ループ」で一気に改善

東洋経済オンライン / 2019年10月5日 8時0分

「資本主義社会で生きることは、楽しい」と思えたことはありますか?(写真:Ja_inter/iStock)

格差の増大や、労働者の搾取、いつバブルが弾けるかわからない不確実性など、多くの問題を指摘されている「資本主義経済」というシステム。しかし、その本質を見極めさえすれば、途端に個人が生きていくうえでの希望が生まれると説くのが、元・野村證券のトップセールスであり、マザーズ上場のフィンテック企業を経営する冨田和成氏。近著『資本主義ハック 新しい経済の力を生き方に取り入れる30の視点』から、先の見えない経済世界を生き抜くためのヒントを紹介する。

■「資本」が何かを知らないと、資本主義社会は生き抜けない

あなたは、「資本主義社会で生きることは、楽しい」と思えたことはあるだろうか?

・会社や仕事に縛られながら、このまま働いていてもいい展望が見えない
・仕事のタスクはあるのに、自分の目標がない
・まさに「忙殺」という言葉のごとく、忙しさに殺されている気がする

現代の日本で生きるうえで、こうした感覚を抱いている人も多いと思う。自分の人生であるはずなのに、何かに支配されているような気がして、自分の人生を生きられている気がしない。そんな気持ちのまま生活をしていくのは、とても大変なことだ。

だが、ひとたびコツさえ知ってしまえば、自分の人生のコントロールを取り戻すことができる。そのカギとなるのが「資本」という存在である。

私たちが生きている社会は「“資本”主義社会」、つまり“資本”が第一主義な社会だということは学校で習うのに、「それでは“資本”とはなんですか?」と聞くと答えに詰まるビジネスマンが意外と多い。

資本によって世の中が、あるいは自分さえその一部として動かされているのに、その正体がわからないのであれば、不安になるのも当然だ。

逆にいえば、資本の性質と扱い方を知ってしまえば、自分がいま何をすべきか、そしてどこに向かっていくべきかがわかる。この現実世界の見え方さえ一変するだろう。

それではいったい、「資本」とはなんだろうか。

教科書的にいえば、資本とは「生産手段、あるいはその元手となるもの」である。別の言い方をすれば、「価値を生む仕組み」のことだ。

今の世界は、日々新たなサービスや商品が溢れ出ているが、これらを生み出すものはすべて資本だ。

町にある「工場」は資本である。物理的に新しい商品を作り出しているだろう。そしてそれを会社という存在を通して所有するための「株」もまた、資本の1つだ。

株を持っているということは、その会社の資本の一部をそっくりそのまま持っているということに等しい。例えば、ある「工場」の1000分の1を、「株」というもので代替的に所有することができる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング