「ええ声」の持ち主、二代目桂南天が拓く新境地 ポジティブ思考で明朗快活な上方落語

東洋経済オンライン / 2019年10月10日 17時0分

桂南天は、三代目桂米朝の弟子の二代目桂枝雀の弟子の三代目桂南光の弟子。米朝からすれば「ひ孫弟子」にあたる。米朝一門の大山脈の裾野にいるというのは、どのようなものなのか?

「系図的にはすごく幸せなところに入れていただいたような気がするんです。それぞれの師匠の教えをそれぞれの濃度でいただける。米朝師匠の弟子ならば、米朝の教えが最も濃いほぼ100%です。そこに枝雀、南光の教えはいかない。

でも僕のところには、当然南光の教えがまず最初にびゅーっとくる。うちの師匠は“ここは枝雀はどう考えてるだろうか”と思いながら落語をしている。

その枝雀師匠は“米朝はこう思うだろうから僕はこうやろう”という思いがあって、さらに上の米朝師匠は“わしはこう思う、お前らこうしたほうがいいと思う”っていう教えがある。

僕はそれぞれの師匠の落語への思いを適度な濃度でいただけていると思います」

多くの師匠がいて、混乱はなかったのか。

「あるとき、枝雀師匠が“マクラを振りなさんな”って言わはったんですね。で、そうやってると米朝師匠が“今日はちょっとマクラ振ったらどや”と言わはる。こういうジレンマは、僕らくらいのキャリアの人は体験してると思いますが、こういうときは、せこいんですけど、米朝師匠の前ではマクラを振って、枝雀師匠の前では振らない、ということになる。一緒に出てはったらそれこそ大変ですが(笑)。

気ばかり遣って大変や、と思うかもしれませんが、そういう気遣いの中で自分の落語を向上させてるっていう意識がすごくあるんですよ。米朝師匠が枝を切って、枝雀師匠がまた枝を切って、うちの師匠がさらに枝を切って、残った部分をやる。窮屈な思いをしてるようですけども、その中で格闘して成長する感じがするんですよね」

南天落語でおすすめは、まず「動物園」である。若手も演じる軽い噺だが、南天の「動物園」では、毎日ブラブラしている気楽な男が、人の誘いにうかうかと(うっかりと)乗せられて、ぬいぐるみを着て動物園のおりに入るまでが、ごく自然な成り行きで展開する。「この男なら、それくらいのことはやるやろう」と思わせる。かなり遊びを入れるが、南天の「ええ声」が生きる噺だ。

「『動物園』もそうですが、みんながやっておもろい噺でも、僕がやったらもっとおもろいんや、とお客さんに気いついてもらいたいところはあるんですよ」

「算段の平兵衛」は、桂米朝が復刻した。算段の平兵衛という悪知恵の働く男が、好色な庄屋の殺人にからめて何重もの「偽装殺人」を起こすという噺。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング