ローソンが「100円タピオカ」を実現できたワケ 先発のファミマは「たっぷり」タイプで勝負

東洋経済オンライン / 2019年10月16日 7時0分

また、こちらも本格的な紅茶の味にこだわり、抽出方法を工夫して、茶葉の味や香りを濃く出しているという。味わってみると、なるほど紅茶の味がはっきりしている。甘さはやや控えめぐらいだ。タピオカ量が多いせいか、ストローで吸うと1口目でタピオカが入ってくる。タピオカは存在感があって、少しかために感じられる。

「ファミリーマートでのタピオカドリンクの歴史は、食感との闘いです。お客様からもいろいろとお叱りもいただいています。その点ではともに改良を検討しているところです」(横田氏)

今回発売の「たっぷり〜」では、容器を大容量化する必要があったことから、メーカーを変更しているものの、ミルクティーのタピオカの味とのバランスなどは従来のものに合わせたとのこと。タピオカのサイズは専門店のものを参考にしたそうだ。

しかし飲み比べてみたところ、やはり味わいにはかなり違いがあり、従来のもののほうが、よりタピオカ自体の味が濃い。またタピオカがやや柔らかいように感じた。どちらをおいしいと思うかは好みによるだろう。

しかし、原材料が不足がちな状況下にあって、さらに大容量化した商品を発売できるところが、さすが先発の強みと言えるだろうか。では、大容量化した「たっぷり〜」の反響はどうだろうか。

「今年に入って、タピオカドリンク全体の売り上げが上がっていて、前年同期比も2倍に伸びています。そこへ、7月に発売した『たっぷりなタピオカミルクティー』も、供給が間に合わないほどになっており、ありがたくもあり、申し訳なくもあり、という状況です」(横田氏)

■専門には及ばないがコンビニならではの強みを生かす

やはり容量が大きいことは、客層にも影響している。コンビニの客層の比率が男女55:45のところ、従来のタピオカミルクティーは女性に人気があり、30:70。しかし「たっぷり〜」については、35:65という割合になっているそうだ。

ファミリーマートでは、チルド商品の特徴を生かした商品とすることで差別化していきたいという。

「例えば、はやっているものを、より広い地域でより手軽に手にとってもらうことができます。専門店の味をそのまま再現することはできませんから、どのように特徴づけるかというところが課題です。

チルドの大きな特徴は、飲料に固形物をプラスできること。タピオカミルクティーの専門店では、カスタマイズできることも人気の理由の1つですね。そういったところも、商品の参考にしていきたいと思っています」(横田氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング