山田孝之「どんな役でも爪痕残す」怪優の魅力 「全裸監督」怪演につながる迷走期との戦い

東洋経済オンライン / 2019年10月19日 14時0分

純愛系から極悪非道なクズ役など多彩な役を演じてきた山田孝之氏。今回、Netflix「全裸監督」から見えてくる山田孝之という俳優が行きついた先とは?(写真:Sports Nippon/Getty Images)

8月に「Netflix」に加入した。山田孝之の「全裸監督」が観たかったから。端整な造作の二枚目だが小柄で筋肉質、驚異的な体毛の多さ、そして自在に使い分ける声。毛も毛穴も筋肉も演技力もないイケメンがもてはやされる時代に、わが道をゆく山田は希有な存在だ。

その山田が地上波ではなく「Netflix」、感動大作ではなく「全裸監督」を選んだ理由もなんとなく見えてくる。過去の出演作を観る限り、葛藤の痕跡も嗅ぎ取れるからだ。

■「ありきたりな路線」に嫌気さす?

純愛ブームが花盛りの2000年代、山田は感涙・感動系に引っ張りだこだった。今考えると、ものすごい仕掛けだった。大した話でもないのに、広告代理店と出版社とテレビ局と映画会社と事務所が徒党を組んで、感動を押し売りするあこぎな仕掛け。視聴者も消費者もみんな単純で、いい時代だった。

その代表例「世界の中心で、愛をさけぶ」(TBS・2004)で、山田は実力派と称されたし、その前後にも病気や死が定番の純愛・感動系に多く出演。映画『電車男』はコメディーだが、純愛系の亜種だ。実はこの頃の山田には興味がない。この雑な説明からもわかると思うが、山田孝之を「純愛・感動系の人」で終わらせていたのだから。私の目は節穴である。

彼自身も「そっち系じゃねーんだよな、俺」と思っていたのではないか。正義や感動の押し売り、美しき善人役に辟易していたのではないか。2010年代の山田の役選びは、ことごとくそっち系ではなかったから。 

本領を発揮したのは「闇金ウシジマくん」(TBS系・2010)だ。山田演じるウシジマは「利息はトゴ(10日で5割)」という悪徳闇金の社長。取り立ては容赦なく、徹底して非情。やっていることはすべて犯罪。

闇金に手を出す人々が怠け者やうそつきなので、山田の犯罪的高利貸しが実は「人助け」や「生き直し」につながる一面もある、深いドラマだった。山田は冷徹さやカリスマ性を20代で完璧に醸し出した。目と肝が据わったアウトローっぷりには、単なる無表情とは違う、静かなる威厳があった一方で、真逆の作品へ。

低予算コメディー「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレ東・2011)に出演。ロールプレイングゲームの世界観を実写にして全力でふざけるドラマだったが、まじめで頼りない主人公・ヨシヒコを低体温で演じた。顔芸・コント・歌劇とさまざまな要素を詰め込んだエンタメ作で、山田は万能だと改めて思い知らされた。「濃いめ」な社会派悪党と「軽め」な悪ふざけコメディーと盤石の2本柱で、山田孝之が世の中に浸透していく。

■「山田無双」と言っても過言ではない

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング