映画「楽園」は事件で残された人を描いた作品だ 瀬々敬久監督が吉田修一の犯罪小説に挑む

東洋経済オンライン / 2019年10月19日 10時0分

俯瞰ではY字路っぽくなっていても、実際に行くと、匂いというか、雰囲気が違う。映画の撮影場所となったY字路も、コンクリートのゴミ捨て場になっていたところに、美術の磯見俊裕さんが実際に木を持ってきてそこに植えたものです。そうすれば冒頭のシーンがいけるということになりました。そしてその植えた木を元に戻せば、時が経ったようにも見える。ここは磯見さんのアイデアの勝利ですね。

■撮影は“場所”を探すことから始まる

――やはり瀬々監督の映画では撮影場所を探すことが大事になるということですね。

この映画に限らずですが、まず“場所”を探すことから始まりますね。それと並行してキャスティングも進めるわけです。

――以前、吉田修一さんは「自分の小説はまったく映像化を想定していない」とおっしゃっていました。瀬々監督の場合、小説から映画化するに当たり、まずはどこからアプローチをしていくのでしょうか。

やはり小説の中からヒントを探すということですね。クライマックスの部分なので詳細は言えないですが、『楽園』でも、小説のストーリーとは関係のないところに、作者の視点や描こうとしている意図といった、映像化におけるヒントが隠されています。それをヒントに映像化するということは往々にして多いと思います。

――そうすると、小説を何度も読み返すということですか。

でもそこは第一印象がいちばん大切な気がします。「青田Y字路」という小説も、最後に出てくる登場人物の後ろ姿や、とある小道具が印象的だった。ですからそれをキーに映像化していこうということはありましたね。

――「犯罪小説集」という小説のタイトルが、映画では『楽園』というタイトルに変更されました。とても皮肉なタイトルにも感じられるのですが。

犯罪を扱った映画ですが、犯罪に関わった人たち、犯罪を起こしたかもしれない人たちというのは、やはりどこかに、よりよく生きたいという欲望があったんだと思う。

だからこそ、社会的にボタンのかけ違いや、すれ違いが起こって、自分の思うようにならなくなった時に、犯罪に走ってしまったのかもしれない。彼らの根本にはよりよく生きたい、この世界をもっといいものにしたいっていう思いがあったと思う。

そしてそれは僕たちにも共通にある意識だと思います。そういうものを扱いたいというか、考えたいということですね。だから最終的にこの『楽園』という映画で、杉咲花さん演じる少女は、友人から「お前は楽園を作れ」と言われます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング