75歳の落語家・古今亭寿輔が紡ぐ「寄席」の躍動 一期一会のライブ感を展開する野心満々の男

東洋経済オンライン / 2019年11月19日 17時0分

今輔は「これからの落語は現代も描くべきだ」と考え、惣領弟子の桂米丸を「古典をやらない新作一本」の落語家に育てた。

米丸の兄弟弟子の三代目三遊亭圓右はスキンヘッドで、高座に上がるなり「日本のユル・ブリンナー」「月からの使者」などのつかみで笑いを取った。愛嬌のある明るい芸風だった。

またエメロンのCMでも人気を博し、新作派として寄席の人気者になった。

寿輔は新作派の人気が急上昇している時期に、その本家筋に入門したのだ。

■受けなければ「お蔵入り」になる新作

「圓右師匠は、弟子使いは荒くはなかった。間違っても顎で弟子を使うなんてことはありませんでした。明るい芸風ですね。圓右師匠の師匠の今輔師匠も、高座ではおっかなかったけど、いい師匠でした。もう50年も前ですが、圓右師匠、今輔師匠に教わったことは今も忘れていません。大事にしています」

新作落語が難しいのは「受けなければお蔵入りになる」ということだ。そういう点は古典落語より厳しい。しかも新作は自分で作らなければならない。

「新作派の一門に入ったわけですし、自分を表現するには自作がいちばん早いだろうということで、新作落語をやりました。4、5回やったらやめたっていうのも入れたら結構つくりました。ほとんど駄作だったんですけど」

掛け捨て、掛け捨ての中から作品が残っていく。

しかししばらく経ってから、古典落語も手がけるようになった。

「入門して6年ほど経って一人会をやるようになったんです。お客さんはなかなか来ないけれども、1人で三席やっていたんで。新作を三席やるというのは、若手の実力のない者にはものすごくつらいんですね。そこに一席古い話を挟むと、まあなんとか1時間30~40分もつんじゃないかということで古典も覚えるようにしたんです」

新作とは異なり、古典落語は、お客の多くもストーリーをわかったうえで聞くから安心感がある。前述の「猫と金魚」は新作落語だが、演者も多く「擬古典」とでも言うべき名品だ。

「僕は前座のときに教わったんですよね。みんながやりたいネタなんで、でも難しい噺だとは僕も知っていた。

10回ぐらいやって、これはもう俺にはできないと思ってもうずっとしなかったら、お弟子さんが入って、いきなり“師匠、来月『猫と金魚』教えてください”“バカやろう、お前。そんなの20年以上やってねえネタ急にできるわけねえだろう、ひと月待ってろ”って言って。

原稿を書き直してギャグを入れたんですよ。6カ所ぐらい、いろいろ自分なりの。そしたらそれがドンピシャに客にはまったんです。だから前やってた人よりグッと面白くなったんです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング