コストコの通販が「高い」と思う人の大きな盲点 送料だけでなくその分、従業員を働かせている

東洋経済オンライン / 2019年12月12日 18時0分

コストコの商品がネットで買えるのは魅力ですが……(写真:コストコホールセールHP)

12月10日に「コストコホールセール」で通販が開始されました。コストコファンにとっては長らく待ちわびてきたコストコオンラインのスタートでしたが、開始直後から、

「商品が高い!」

という声が上がっています。いったいなぜそのような反応になっているのでしょうか。

コストコは日本国内で現在26店、世界で約780店を構えるアメリカ生まれの会員制小売りチェーンです。高ブランド・高品質の食品や日用品がとにかく大きなパッケージで安く売られていることから、主婦層にとても人気の小売業態です。ホールセールクラブなのに小売業態というのもちょっと言葉の矛盾に感じますが、実態がそうなので、記事の中では小売店として説明していきます。

■トップブランドもPBも高品質

コストコの特徴はそれぞれのカテゴリーでトップブランドのメーカーと交渉して品ぞろえをするとともに「カークランドシグネチャー」というプライベートブランド(PB)もとにかく品質にこだわったいい商品をそろえます。そしてコストコで買い物をすることができるのは年会費(個人会員は4400円、法人会員は3850円、いずれも税抜き)を支払った会員だけ。これは通販でもルールは同じです。

例えば私が愛用しているコーヒー豆はコストコで売っているカークランドのエスプレッソブレンドですが、このコーヒー豆はアラビカ種100%の高品質の豆をプライベートブランド商品であるにもかかわらず、わざわざスターバックスに焙煎を依頼して作っています。

販売サイズは907gと大型のポテトチップスぐらいのサイズの袋に入って通販では税込み1698円。とにかくコストコはこのお徳用サイズ、高品質商品、それが安いという3点セットの特徴で会員の支持を得ています。

私もコストコに年間で5~6回は出かけて買い物をするのですが、デメリットは自宅から遠いこと。コストコの倉庫店は首都圏では町田、幕張、川崎、千葉ニュータウン、入間、三郷といった具合で、東京都23区に住む会員の場合だいたいどこが最寄りだとしても車で片道1時間ぐらいかかってしまいます。

ですからコストコファンにとっては通販で購入できるのはうれしい話で、だからこそ待ちわびたコストコオンラインのスタートだったということです。

ところがコストコオンラインが使えるようになって早速購入しようとしたら、いつも購入している商品がそこそこ高いことに気づきます。

実際に私が最近購入したレシートと比較しながら通販の価格を調べると、どの商品も15%から30%ぐらいの幅で単価が高く設定されています。もちろん5%程度しか高くない商品もありますが、すべての商品が100円から300円ぐらい高いのです。ただこの価格は送料込みの料金として設定されているので、価格差があるのはそれが理由と考えるといったん納得はできます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング