単なるショーだった「逃亡ゴーン会見」の舞台裏 関係者が拍手する政治集会のような雰囲気

東洋経済オンライン / 2020年1月9日 9時50分

記者会見場に約100席用意された席は、主にフランス、レバノン、アメリカメディアで埋まっていた(写真:Mohamed Azaki/ロイター)

約2時間半に及んだショーで彼は、4カ国語を巧みに操りながら、嬉々として会場を仕切り、時折会場からは拍手すら起こった――。1月8日、レバノンの首都ベイルートで開かれたカルロス・ゴーン日産自動車元会長の記者会見。世界中からメディアが詰めかけた会見では何が起こっていたのか。

■会見を仕切った辣腕フランス人女性

会場となったベイルート・プレス・シンジケートは、ベイルート中心部から車で約20分、市内西部に位置する。市内に滞在していた海外メディアの記者たちは、中心部から右手に美しい地中海、左手に荒廃したビルと新しいビルが混じった町並みを眺めながら会場へやってきた。もともとベイルートの交通事情は最悪だが、この日は波乱の展開を予想するかのように大雨で道路はさらにカオス状態だった。

会見が始まる午後3時(日本時間8日午後10時)前には、会場前は多くの人でごった返していた。今回、ゴーン氏に選ばれ、会見に出席できた100人に及ぶジャーナリストのほとんどはフランス人、レバノン人、そしてアメリカ人で、日本のメディアはほぼ参加が許されなかった。そのせいか、会場前ではイライラした様子の日本の記者団の姿が見受けられた。

民間警備員や広報関係者が駐車場へ車を入れようとする中、建物の前は混乱状態となっていた。これまでのフランスの著名人に注目が集まった時と同様、今回のショーを仕切っていたのは、危機に陥ったフランスの著名人や大企業が頼りにする広報会社「イマージュ7」だ。

同社を率いるのは、ビジネスマン、ジャーナリスト、政治家の間に極めて大きなネットワークを持つアン・モーというブロンドヘアのフランス人女性である。この日もモー氏は会場に訪れ、会見では質問の際にマイクを回す役割まで務めていた。

2018年11月18日に逮捕されて以来、ゴーンはアメリカや日本向けの広報担当企業を何度か替えているが、グローバル向け戦略については逮捕直後からずっとイマージュ7及びモー氏に任せている。今回、会見に入れる人選をしたのもゴーン氏の指示を受けたモー氏である。

■本当は会場の「真ん中」で話したかった

会見には、CNNやニューヨーク・タイムズ、ウォールストリートジャーナルなど、多くのアメリカメディアも訪れていたが、奇しくもこの日、関係が悪化するイランが、イラクにある米軍基地に弾道ミサイルを発射。アメリカメディアはゴーン会見どころではなかったかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング