Netflix「嵐」がテレビの限界を象徴する理由 「世界から見た日本」を意識した作品作り

東洋経済オンライン / 2020年1月18日 7時25分

2020年いっぱいで活動休止する男性5人組のアイドルグループ「嵐」の姿を追うNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』が2019年12月31日に全世界独占配信されました(写真:嵐の公式ツイッターより)

Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

■「つらい」が目立つファンからの感想は狙いどおり?

2020年いっぱいで活動休止する男性5人組のアイドルグループ「嵐」の姿を追うNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』が2019年12月31日に全世界独占配信されました。

今後、約1年間にわたって毎月配信が予定されています。Netflix日本発オリジナルのドキュメンタリー作品としてはこれまでにない規模です。話題性十分な作品ですが、注目したい点は「なぜ、嵐×Netflixだったのか」。中身を見ると、その答えが見えてきます。

エピソード数は全20話以上を予定しています。インタビューカットをはじめとする撮り下ろし映像やこれまでのアーカイブ映像などで構成され、活動休止予定日の2020年12月31日までカウントダウンを切った「嵐」の今の姿を映し出していくことが目的。見どころは相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の5人が「どんな想いでその日に向かっているのか」といったところです。

導入部分である第1話は「二十年」のタイトルで、「嵐」の20年間を振り返るところから始まります。また22分のショート映像の中で「嵐」がいかに日本のTOPボーイズグループであることを見せています。1999年のデビュー以降、これまでトータルCDセールス数は約4000万枚以上、コンサート動員数は約1400万人以上といった数字からもそんなことがわかります。

全体のキャッチフレーズは「なぜ活動を休止するのか。今なにを思っているのか。5人、最後のドキュメンタリー」です。その理由を誰よりも知りたいファンを中心としたツイッター上のコメントをみると、「ありがとう」といった感謝系だけでなく、「つらい」「苦しい」「重い」といった戸惑いをみせた言葉も目立ちます。ネガティブワードとして捉えることもできますが、第1話に対するこうした感想はおそらく狙いどおりでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング