快進撃「SixTONES vs Snow Man」への違和感 デビュー曲が初週ミリオン突破の快挙も

東洋経済オンライン / 2020年1月28日 19時30分

SixTONES(写真左)とSnow Man(同右)のデビューシングル「Imitation Rain/D.D.」(東洋経済オンライン編集部撮影)

1月28日、最新のオリコン週間シングルランキングが発表され、ジャニーズ事務所のアイドルグループ・SixTONES(ストーンズ)とSnow Man(スノーマン)のデビューシングル「Imitation Rain/D.D.」が初週売上132.8万枚を記録して1位を獲得。「史上初のデビューシングル初週ミリオン達成」と大きく報じられています。

この数週間、昼夜を問わずテレビをつければシングル曲のCMが流れ、各番組に両グループのメンバーがゲスト出演し、ネット上にも記事が量産されていたため、「彼らのことはよく知らないけど見たことがある」という人は多いでしょう。

ところがSNSやニュースのコメント欄には、「史上初のデビューシングル初週ミリオン達成」という快挙をたたえるのではなく、批判的なコメントが多数を占める事態になっているのです。

しかもその大半はメンバーではなく、マネジメント側を批判する声。世間の人々は、彼らが「ジャニーズのアイドルだから」ではなく、しっかりとした理由を持って批判をしていることに驚かされます。

快挙に影を落とす批判はなぜ生まれてしまったのでしょうか? さらに一連の流れを報じるメディアの姿勢も含めて、ここではビジネス戦略としての是非を掘り下げていきます。

■2グループ合算で売り上げをカウント

SixTONESとSnow Manの同時デビューが発表されたのは、昨年8月8日。「史上初の2組同時CDデビュー」であり、前者はソニー・ミュージック、後者はエイベックス・エンタテインメントからのデビューと大々的に発表されました。このときはファンならずとも「同時デビューなんてすごい。どちらの売り上げが上回るのだろう」という見方が広がっていたのです。

その後、亡きジャニー喜多川さんの誕生日である10月23日に、彼らのデビュー日が2020年1月22日であることが発表されました。もう1つ明かされたのはCDの名義。SixTONESは「SixTONES vs Snow Man」名義で、Snow Manは「Snow Man vs SixTONES」名義で、それぞれシングルをリリースするというのです。

つまり、「どちらのCDを買っても2組両方のシングルが聴ける」ということ。今回の売り上げ枚数やランキングは2組の合算であり、その手法に批判が集まっているのです。

「グループもレコード会社も違うのに、何で合算が認められるのか意味不明」「抽選で当たるハイタッチ券で大量購入させるやり方がひどい」「抽選というやり方は、買えば握手券が必ずつくAKB48よりもエグイ」などの声があがるのも無理はありません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング