トヨタ「スマホ連携ナビ」拡大展開が招いた不評 昨秋に導入するも、わずか半年で軌道修正へ

東洋経済オンライン / 2020年4月10日 7時5分

トヨタ自動車は昨年9月発売の新型カローラ、2020年2月発売の新型ヤリスにスマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」を標準搭載した。写真は2019年11月に発売したライズに搭載されている9インチディスプレイオーディオ(写真:トヨタ自動車)

トヨタ自動車の新たなカーナビゲーション戦略が揺れている。

昨秋からスマートフォンとの連携を前提とした「ディスプレイオーディオ(DA)」の標準搭載に舵を切ったが、消費者や販売店から戸惑いの声が続出。自動車そのものの販売にも悪影響を及ぼしかねないため、DAの標準搭載を取りやめ、車両購入者が搭載・非搭載を選べる選択制に移行することになった。

■昨秋発売の新型カローラにDAを標準搭載

トヨタは2019年9月発売の新型「カローラ」から、新たなカーナビ戦略を打ち出した。その核となるのが、液晶ディスプレーのDAだ。普通のオーディオ一体型ナビのように見えるが、DA自体はタッチパネル式のディスプレーでしかなく、CDやDVDの挿入口もない。あくまでスマホと接続しての使用が前提となる。

具体的にはUSBケーブルなどでスマホをつなぎ、スマホのアプリをDA画面上に表示して操作する。トヨタのDAはスマート・デバイス・リンク(SDL)規格に対応しており、LINEカーナビやLINE MUSICなどのアプリの使用が可能。さらに追加料金(3.3万円)を支払えば対応規格が拡充され、iPhoneやAndroidスマホのマップ(ナビ)や音楽再生、電話、メッセージどのアプリもDA画面上で表示・操作できる

DA自体は今の時代、必ずしも珍しくない。実際、ホンダや日産自動車、マツダなど他の国内自動車メーカーを見ると、従来型のカーナビに加え、オプションの1つとしてDAをすでに商品化済みだ。一方、トヨタはこれまでDAの用意自体がなかった。

そのトヨタが一気にDAをナビ戦略の柱に据え、その第1弾として昨年秋発売の新型カローラで標準搭載した。他社のようなオプションのナビとしてではなく、最初からDAを車体に組み込んだのである。その後もマイナーチェンジした「アルファード・ヴェルファイア」や「C-HR」「カムリ」、さらには2020年2月10日発売の新型「ヤリス」とDA標準搭載の車種を広げた。

ではなぜ、トヨタは一足飛びに標準搭載へと踏み切ったのか――。「車内でもスマホアプリを使いたいお客さんが増えている。そうした昨今のニーズに対応した」と会社側は説明するが、それ以外にも重要な狙いがある。「T-Connect」の利用者を一気に増やすためだ。

T-Connectはトヨタが提供するコネクテッドサービス。車とトヨタスマートセンターを通信で結ぶことで、オペレーターサポートや事故・急病時の緊急通報、盗難時の車両位置追跡、車の状態確認など、自動車にかかわるさまざまなサービスを提供する。基本的には有料サービスだが、会員登録すれば車の購入から5年間は無料での利用が可能だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング