収入ゼロでも「生活保護は恥ずかしい」男の心理 コロナの影響で「日雇い労働」の仕事を失った

東洋経済オンライン / 2020年6月26日 7時30分

本連載でもすでに書いたが、生活保護の問題は不正受給ではない。生活保護を利用する権利がある人のうち、実際に利用している人の割合である「捕捉率」の低さである。これはデータが明確に示している事実だ。

あらためて反論したい。生活保護を利用する人々を差別と偏見にさらし、スティグマを植え付けたのは自民党ではないのか。

話をヤスユキさんに戻す。

私にはヤスユキさんにもう1つ聞いてみたことがあった。かつてダウンタウンの松本人志さんがテレビ番組で、ネットカフェで暮らす人々について「ちゃんと働いてほしい」「(ネットカフェを追い出されて)路上なら頑張るんじゃないか」などと発言したことについてだ。

■「ネットカフェ難民は努力不足」と思っていたが…

番組では、東京都の調査でいわゆる「ネットカフェ難民」が約4000人に上ることがわかったというニュースを取り上げた。調査では、そのうち75%が派遣やパートなどの不安定な働き方をしていることや、ネットカフェ以外の路上やファストフード店などでも寝泊まりしていることも報告された。まさにヤスユキさんが経験したとおりの実態である。

ネットカフェ難民は路上に追い出せと言わんばかりの松本さんの主張はおおいに問題なのだが、ヤスユキさんは一連の発言を知らなかった。私がかいつまんで説明すると、複雑そうな表情でこう語った。

「実態を知らずに想像だけで話すから、こんな上から目線のコメントになっちゃうんですね。でも、自分も以前はネットカフェ難民なんて努力不足だからなるんだ。(アパートを借りるための)初期費用くらいちゃんと働けばすぐ貯められるだろって思ってました。そのときはまさか自分がネットカフェ難民になるなんて思ってもいませんでしたから……」

ヤスユキさんは現在、東京都の支援事業を利用して都内のビジネスホテルで暮らしている。「(支援団体の)助けてくれた人たちに再起した姿を見てほしい。今度は自分がちゃんと税金を払って本当に困っている人に生活保護を使ってほしい」。そう言って、単発の仕事を見つけては、出かけていく日々だ。

取材後、私のLINEに「必ず1歩ずつ前進し、人生の新しい1歩を踏み出します」というメッセージとともに、半紙に筆で書をしたためる動画が送られてきた。

書かれていたのは「決心」。迷いのない、堂々とした筆遣いだった。取材中、私が生活保護のことばかり尋ねたことへの、彼なりの意思表示なのかもしれないと感じた。

たしかに生活保護を利用するかしないか、決めるのはヤスユキさん自身なのだろう。コロナが収束し、仕事を再開し、今度はアパートを借りる──。そう語るヤスユキさんの希望が決して夢物語ではないことを信じたい。

本連載「ボクらは『貧困強制社会』を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。

藤田 和恵:ジャーナリスト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング