ベンチャー投資家の極意「黄金の時間の買い方」 日本がシリコンバレーで情報がとれない理由

東洋経済オンライン / 2020年7月15日 8時10分

投資家やベンチャーキャピタルとベンチャー企業の関係は、男女の恋愛関係に似ているところがあります。

有望なベンチャーに出会いたいからと、コンテストを開いて、上位に入った会社に「投資させてください」と行く。しかし、これは恋愛に例えてみると、ミスコンテスト、ミスターコンテストを開いて、その上位に入った人に「お金があるので付き合ってください」と言っているようなものです。

いったい自分は誰なのか、何者なのか、相手にはそこまで知られていないのに、です。お金だけはあると認識されるとしても、これでは本当の相性がわかって付き合うことには遠いのです。

もっと大事なことがあります。それは、「本当にすてきな人の誰もがミスコンテストやミスターコンテストに出るわけではない」ということです。実は、将来のために知名度をつけておきたいと考える「出たい人」以外に、良い人がいるのです。その人たちを、自分の目で見つけてくることこそ重要です。

ベンチャー投資も同じです。コンテストに出場などしなくても、いくらでも投資が集まるような会社をこそ、見つけないといけないのです。

そういう会社に投資しているのは、自分たちは何者なのかをはっきりとさせ、「あそこはいいよ」と評判が立っている会社や人です。

そういう投資家のところには、じっとしていても案件はやってきます。恋愛と同じで、信用や評判が立てば、「そういう内容だったら、あの人のところに相談に行くといいと思うよ」と、黙っていても、条件のよい投資話が集まってくるのです。

■「本社に確認するので1週間待ってほしい」

また、事業会社が自己資金でスタートアップ企業などへの投資を行う、コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)が世界中で拡大しています。グーグルのGVや、インテルのインテルキャピタル、セールスフォースのセールスフォース・ベンチャーズなどがよく知られています。

CVCは、投資益よりも質のよい新しい情報や技術の本業への取り込みに期待する狙いがあります。スタートアップ企業への投資を通じて、ビジネスの最新情報を得たい。協業をしたい。優秀な人材を招聘したい、などの目的が中心です。

企業本体の経営とは切り離し、ファンドの形式を取ることがほとんどです。それだけに投資の決定も迅速にできるメリットがあります。これはスタートアップ企業にとっても、事業拡大のためのスピード感ある資金調達につながります。

日本企業でも、CVCが拡大しています。自分たちの本業がいつ、どこから浸食されるかわからないような状況の中で、うまくいけば協業、さらには買収も目的として、投資によるリターンというよりも、新しい技術や優秀な人材を獲得するためにCVCを活用しようとしています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング