「結婚相手の条件」ランキングが示す男女の本音 リアルデータを基にした実践的婚活アドバイス

東洋経済オンライン / 2020年9月27日 7時30分

男女で結婚相手に求めている要素はどう違う?(写真: jessie/PIXTA)

「ダイバーシティ(多様性)」という言葉が広く知られるようになりました。ただ、日本のように単一民族に近い国では、ダイバーシティへの間違った理解がされがちです。

難しい話はここでは省きますが、本来は違うものを「同じ扱いに」と主張するのは、ダイバーシティとはまったく逆の考え方です。

結婚相手を求める男女とその支援者の現場でも、この多様性の履き違えがよく見られます。ダイバーシティの時代なのだから「ありのまま」の自分で戦うのだ、とこだわる(もしくは漫然とそのような意識で活動を続ける)活動者がいます。

もちろん、それで思うように結果が出れば何も問題はありません。しかし「いい人がいない」「婚活疲れ」などと訴える場合、そのこだわりを「相手の視点から」再考する必要があるかもしれません。

■多様性の時代こそ性差を意識

自分に合う人かどうか、という一方通行の自分目線だけでなく、お互いの双方向目線の融合によってマッチングは成立します。相手ある行動において「ありのままでいい」かどうかは相手次第。もしくは相手と話し合ってこそ決まるもの、といえます。

筆者のもとには、結婚支援現場の支援者から多くの悩みが寄せられます。うまくマッチングしない個別事例の相談を受けるときによく感じるのは、「結婚相手探しにおいて、自分を主張するのは大切。しかし相手を知らないまま自分はこうである、と主張しても相手には響きにくい」ということです。

そこで、個々の感性の差をみることはさすがに難しくても、せめて男女がそれぞれ結婚相手に求める条件の「データで見た性差」と、それに基づく婚活アドバイスをご紹介してみたいと思います。

今回使用するデータは、内閣府による「家庭形成と結婚に関する意識調査」の結果です。2014年末から2015年初にかけて、20歳から29歳の男女7000人(住民基本台帳より無作為抽出)を対象に実施したもので、有効回答数は2643人です。

この調査の質問の1つに「結婚相手に求める条件」があります。図表は未婚かつ将来結婚希望のある男性428人、女性516人、計944人の回答結果を基に作成したものです。

男性、女性ともに結婚相手に求める条件として、「価値観が近いこと」「一緒にいて楽しいこと」「一緒にいて気を使わないこと」が圧倒的な割合で選択され、ベスト3に入りました。

2人の価値観が近いと、「一緒にいて楽しい」「気を使わない」と思うことが似る確率が上がります。これらはすべて「価値観近似婚」時代を示している選択肢とみることができます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング