おじさん達が「臭い」と思われてしまう根本原因 恋愛相手の選定では嗅覚が大事になってくる

東洋経済オンライン / 2020年9月29日 9時0分

なぜおじさんは「臭い」と思われがちなのでしょうか(写真: freeangle / PIXTA)

「おじさんは臭いから嫌われる」

この言葉を聞いて、共感や納得することこそあれ、「いや、そんなことはない」と否定する人は少ないでしょう。若い女性に対して、中年男性が嫌われる理由を聞くと、「説教をする」「武勇伝を語る」「しつこい」などの行動面より、圧倒的に「臭い」「清潔感がない」というものが上位にきます。もちろん、すべてのおじさんが「臭くて不潔」であるわけではないにもかかわらず、なぜ「おじさんは臭い」は一般的定説になっているのでしょう。

元来、日本人男性は、西欧人と比べてそもそも体臭が少ないと言われていますが、それでも女性から「臭い」と言われてしまうのは、いわゆる加齢臭の問題があります。

加齢臭には皮脂量が関係しますが、実際、男性の皮脂量は、20代も中高年もあまり変わらないそうです。では、なぜ中高年にだけ加齢臭が出るのでしょう。それは、中高年の皮脂には、若者にはほとんど存在しない脂肪酸9―ヘキサデセン酸が増加するためです。これが皮脂および皮膚に棲んでいる多くの常住菌によって分解されることでノネナールが発生します。これが加齢臭の元です。

■洗髪の回数はにおいに関係ない

加齢臭は通常50歳くらいから発生するようですが、マンダムの調査によれば、35歳くらいからは別途ミドル脂臭というものもあるそうです。結局、アラフォー以上の男性は何かしら「臭い」ということです。

「おじさんは、女性のように毎日、入浴や洗髪をしないから臭いのでは?」と思われがちですが、20~50代の未既婚別男女の週当たりの平均洗髪回数を比較したグラフを見ると、案外そうでもありません。(外部配信先ではグラフや図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

とくに、未婚も既婚も40代男性が最も洗髪頻度が多く、女性を超えます。50代になると、全体的に頻度が落ちますが、それでも既婚男性の洗髪頻度がいちばん高いのは変わりません。

これは、単純に中年男性が風呂好きなのか、はたまた別の動機によるものなのか、正確なことはわかりませんが、いずれにせよ、洗髪回数という点では、「おじさんは洗ってないから臭い」という因果は存在しません。

が、それはすなわち「おじさんは洗っていても臭い」という残酷な事実を突きつけられことにもなります。加齢臭やミドル脂臭は、言うなれば、毎日風呂に入ろうが、洗髪していようが関係なく、生きている以上必ず発生するものなので、いかんともしがたいものと言えます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング