上司に叱責され続けた国立大卒53歳男性の訴え 「発達障害」という言葉すら当時はなかった

東洋経済オンライン / 2020年10月2日 8時10分

発達障害「先史時代」の受難について語ったシゲルさん(写真:シゲルさん提供)

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

今回紹介するのは「バブル期に地方国立大を出て大手鉄道会社に就職しましたが、ケアレスミスの連続、口頭で受けた指示を忘れる、職場の人たちとの雑談ができない、会話でトンチンカンな受け答えをして相手を怒らせるなどの典型的な“症状”で苦しみました」と編集部にメールをくれた、53歳の男性だ。

発達障害先史時代――。そんな言葉があることを、シゲルさん(仮名、53歳)から聞いて初めて知った。

「僕の子どもの頃は発達障害という言葉もありませんでした。

就職してあまりの仕事のできなさにショックを受けて。その頃、ようやく発達障害という概念を知り、何度か病院に行きましたが、そのたびに『大学を出ているのにそんなわけがない』『やる気の問題では』と一蹴されました。自分はこんなに困っているのにどうして、と絶望しました」

■しなくてもいい苦労をしてきた世代

うつ病になって宗教や自己啓発セミナーにお金をつぎ込んだこともある。セミナーで言われたとおり、「ミスをしない自分」「周りとうまく話している自分」を懸命に想像したが、効果はなかった。結局宗教やセミナーに600万円は使ったのではないかという。

休職や退職、借金、ダブルワークなどを経験。ようやく“念願”の発達障害の診断を得て、今年6月、障害者手帳を取得した。しかし、年齢はすでに50歳過ぎ。障害者雇用で働こうとしたが、実質的な年齢制限もあり、仕事探しは困難を極めた。最近、何とかベンチャー企業の事務職として採用されたものの、心中は複雑だ。

「今の子どもたちは小さい頃から専門の支援を受けられる。20、30代の人も就職でつまずいたタイミングで障害がわかれば、そこから障害者雇用で働くこともできる。発達障害先史の僕らの世代は、しなくてもいい苦労をしてきた人がたくさんいると思います」

シゲルさんは大阪出身。父親は会社員、母親は専業主婦だった。シゲルさんによると、父親も発達障害だったのではないかという。小さい頃、ご飯を食べるのが遅いという理由で、いきなり父親に戸外に引きずり出され、体中を蹴られたことがある。

父親は止めに入った母親に対し「子どもは牛や馬みたいにたたいて教育しろと、会社の同僚から言われた」という意味合いのことを言い、地面にうずくまるシゲルさんを蹴り続けた。体中あざだらけになり、翌日、幼稚園の先生から絶句されたという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング