「何もない」大崎は鉄道を支えた工業の街だった 来年120周年、悲しそうな「自虐キャラ」で注目

東洋経済オンライン / 2020年10月18日 7時50分

三吉電機工場は鉄道のほかにも多くの機械製造を手がけていたが、東京市街鉄道(現・東京都交通局)や京都電気鉄道(現・京都市交通局)などに部品を供給し、線路の電気施設の建設やメンテナンスなどに強みを発揮していた。独立した重宗は、修理などを請け負う工場を細々と経営していたが、変圧器や発電機の製造を機に工場を拡大していった。

明電舎は主に発電所関連の機械を製造していたが、1922年に開催された平和記念東京博覧会に出展した回転変流機が鉄道業界から大きな注目を浴びる。回転変流機は電気を交流から直流へと変換する装置で、同製品によって鉄道業界からも盛んに声がかかるようになる。

1927年に開業した高尾登山鉄道では、明電舎の電動機が採用された。高尾登山鉄道が運行するケーブルカーは、その運行区間が急勾配だったために建設も難工事だったが、車両や電動機も相当の性能が必要だった。明電舎の電動機は、それに応えられる性能だった。1932年には、秋葉原駅でエスカレーター用電動機が、日光登山鉄道で高圧捲線型誘導電動機が採用された。

鉄道業界を支える工場が集まり始めた明治末の地図を見ると、大崎駅に無数の側線が確認できる。そこからは、すでに大崎駅が貨物駅として活況を呈していることを読み取れる。

しかし、明電舎が大崎駅から鉄道貨物輸送を始めたのは意外にも遅く、1940年ごろとされている。当時、大崎駅と明電舎の工場とを結ぶ引込線がなかったため、大崎駅までは自動車で製品を運搬していた。製品の大型化や輸送効率の観点から引込線が求められるようになり、1955年に完成。以降、貨物輸送が頻繁に行き交った。

明電舎とともに大崎を代表する工場として記憶されるのが、日本精工(NSK)だろう。ベアリングでは国内トップメーカーのNSKは、1916年に設立。明電舎と同様に、NSKは大崎駅に隣接するように工場を構えた。NSKも鉄道とは関係が深く、1932年には鉄道省(現・国土交通省)から依頼を受け、ガソリン動車のベアリングを開発。1964年に開業した東海道新幹線にも、同社のベアリングが採用されている。その後もNSKは最新技術で鉄道を支えている。

■工場跡地が新たな街に

これら大崎駅一帯の工場は、戦後復興や高度経済成長を大田区の町工場とともに支えた。しかし、バブル期を経て平成の30年間で駅周辺は大きく変貌した。いまだオフィスを構える企業はあるものの、工場機能は地方へと移転が進められた。それに伴い、大崎駅周辺には広大な跡地が残り、そこが再開発されている。再開発後は高層のオフィスビルに変わり、明治期から近代工業を牽引してきた大崎の面影は薄くなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング