コロナで会えない「田舎の親」今心配すべきこと 激変している親の生活をもっと想像すべきだ

東洋経済オンライン / 2020年10月21日 17時20分

遠方で暮らす親の認知症予防、知っておくべきポイントとは?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

お盆時期に帰省や旅行を控えていた人たちへの朗報として、10月1日から東京都発着の旅行が「Go Toトラベル」の割引の対象に追加された。地域の飲食店での支払いがお得になる「Go To Eat キャンペーン」も大きな話題となっている。

しかし、これからの季節はインフルエンザの流行も予想され、まだまだ予断は許さない。「コロナのことを考えるとまだ帰省できない」そんな気持ちを抱えながら、遠く離れて暮らす高齢の親のことを心配している人も多いだろう。

遠方で暮らす親を心配する子どもが今、知っておくべきこととは何か。現在「アルツクリニック東京」の院長を務め、アルツハイマー病の基礎と臨床を中心とした老年精神医学が専門の順天堂大学医学部名誉教授、新井平伊先生に、ポイントを聞いてみた。

■コロナ禍での行動から見える認知症の可能性

「コロナ禍では、高齢の親が普段どのように行動しているかを知ることが、何より認知症の早期発見につながります。心理検査と同じように、行動結果から推測できるので、家族は心理士のようになることです」

新井先生はそう語る。

感染しないように不要不急の外出をしないとか、人がいない場所に散歩に行くとか、そういった行動をとるのは一般的だろう。ところがどんなに世の中が騒いでいてもわれ関せず、コロナ前と同じく行動しているとしたら、それは通常の反応ではなく、認知が歪んでいる可能性があるという。

「また買い物にも行かないとか、家の中にじっと閉じこもっているとか、過度の心配しすぎもよくないのです。1つのストレスがかかったときにどういった反応をするか、つまり電話での『大丈夫だ』という言葉より反応としてどう行動しているかをみることが大事です。例えば、コロナをまったく気にしない場合は認知症の初期の可能性があり、逆に心配しすぎて行動しなくなっているのは認知症の場合もあるし、うつ病の場合もあります」(新井先生)

4月には緊急事態宣言が出され、感染予防のためデイサービス等を一時休止する事業者が増加した。医療機関や高齢者施設も、入院患者への面会制限を行い、在宅でも民生委員やボランティアの家庭訪問の機会が減少したが、高齢者にはどのような影響があるのだろうか。

「人との交流や行動することは脳の活性化の中でいちばん大事で、それがなくなると脳の活動が低下してしまいます。昼と夜のリズムも変わってくるし、体も疲れない。食欲だってなくなるし便秘だって起こるかもしれない。デイサービスなどに行けば、誰でもあるようにいわゆる「外面」で頑張るからいいんです。人間には予備脳というものがあります。それは、普段は休んでいるが必要な際には働く脳機能の余力ことです。デイサービスに行くとその部分が頑張るわけです」(新井先生)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング