最新!「本当に就職に強い女子大学」ランキング 全体は昭和女子、有名企業は津田塾がトップ

東洋経済オンライン / 2020年10月24日 8時0分

2020年卒の女子大実就職ランキング。昭和女子大学がトップに。

2020年度の大学入試は、景気に対する不安感や情報系分野の人気の高まりなどから、就職に強い理系学部の志願者が増え、文系学部の志願者が減少した。女子大もこの波に飲み込まれて志願者が減少し、志願者は、前年を1万2000人程度下回った。

■景気悪化の影響で志願者が減少

この状況について、駿台教育研究所進学情報事業部長の石原賢一氏は、「文系学部の定員が多いことに加え、メガバンクの採用減など、景気が厳しくなるという見方が広がったことから、女子大の志願者が減少した」と話す。

個別の大学の志願状況を見ると、翌年に大学入試改革を控えたことによる受験生の安全志向もあり、東の津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学。西の京都女子大学、同志社女子大学、神戸女学院大学といった、東西の女子大御三家すべての志願者が前年を下回った。

もっとも、志願者減の一因である就職に対する不安感は、受験生や保護者の認識不足ではないか。大学通信が医学部と歯学部の単科大学を除くすべての大学を対象として調査した実就職率ランキングを見ると、女子大の平均実就職率は、常に大学全体を上回っており、20年卒は全体の88.7%に対し、女子大は91.4%だった。

この傾向は長らく続いており、リーマンショック後に新卒の求人倍率が大きく下がった2010年や2011年当時でも、女子大の平均実就職率は大学全体を上回っている。その要因として、男女雇用機会均等法施行(1986年~)以前、女子学生の就職が厳しかった時代に蓄積された就活のノウハウが現在に引き継がれていることが挙げられる。

「女子大は生き残りのために積極的な就職支援を行って結果を出してきた。就職率と入試の倍率を勘案すると、女子大はお得と言える」(石原氏)

女子大の就職力について、全就職先と有名企業400社を対象にした実就職率のランキングでそれぞれ傾向を見ていこう。ランキングの対象は女子大で卒業生100人以上の大学だ。

全体実就職率のランキング1位は昭和女子大学だった。卒業生1000人以上と規模が大きな女子大の中では、10年連続でトップに立つ。国際、グローバルビジネス、人間文化、人間社会、生活科の5学部(2020年3月卒業時点)からなり、グローバルビジネス学部の実就職率は100%だった。駿台の石原氏は、「かつての良妻賢母型から実務型に変わったことが、女子大の就職の良さのベースにある」と言う。

ビジネス系の実務型学部が強みになっているのは、6位の安田女子大学も同様で、現代ビジネス学部の実就職率は100%だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング