健康な人も盲点!「腸の汚れ」が招く5大不調 「頭痛、腰痛、不眠、肌荒れ…」あなたは大丈夫?

東洋経済オンライン / 2020年11月27日 10時0分

なぜ「汚れた腸」が不調の原因になりうるのでしょうか(写真:xiangtao/PIXTA)

世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている。2017年には、Google.itの食事法(ダイエット)部門で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどだ。

そのアダムスキー氏の著書が、このたび初めて邦訳され、『腸がすべて』として遂に刊行された。アダムスキー博士によると、多くの体の不調の原因は「汚れた腸」にあるという。そもそもなぜ「腸が大事」なのか、なぜ不調の原因になりうるのか。本書を一部を抜粋・再編集して紹介する。

■食事の組み合わせが「腸内腐敗」の原因になる

アスリートを目指していた私は、学生時代に「ショイエルマン病」という脊椎が硬化する病を患い、絶望の淵に立たされました。

しかし、「運動療法」を学びはじめたことをきっかけに、「オステオパシー」(人間の自然治癒力を最大限に活かそうとする医学。体のゆがみなどを探しあて、正常な状態に戻していくことによって治療を行う)と出会ったのです。

この考え方に強い確信を持った私は、長期にわたるさまざまな研究を通じて「アダムスキー式腸活法」の基本となる柱を構築するに至りました。

体の機能不全のほとんどが、「たった1つ」の基本的な要素、すなわち「腸の流れ」によって決まるという考え方にたどり着いたのです。

「アダムスキー式腸活法」の根幹となるのは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」と「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、毎回の食事で食材を「正しく選ぶ」ことで腸に負担をかけず、腸を詰まらせないというもの。

私の研究では、「食べ物の組み合わせ」を間違えると、腸内で発酵や腐敗を繰り返すため、通常の10倍もの毒素が生じることが明らかになっています。このような「腸の汚れ」はさまざまな体の不調につながっていきます。

ここでは、「腸の汚れ」が原因と思われるおもな体の不調、5つを紹介します。

1つ目の「腸の乱れ」による不調は「頭痛」です。

■「消化管のコンディション」と「健康」の密接な関係

「腸の乱れ」による不調1:「頭痛」

「頭痛」はさまざまな原因が考えられますが、「腸の乱れ」から起きる可能性もあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング