1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

バイデン1/20就任演説で外せない7大ポイント 危機的なアメリカをどう一致団結させるのか

東洋経済オンライン / 2021年1月15日 14時0分

その点、トランプ大統領は、選挙戦から就任演説に至るまで、「アメリカ・ファースト」「アメリカを再び偉大な国に」といった内向きのスローガンを繰り返し唱えました。つまり、トランプ大統領就任演説の対象は、国際社会に向けたものではなく、アメリカ第一主義、自国利益優先の原則のもとで自国民中心となりました。結果的に、トランプ政権下ではテクノロジー覇権をめぐる戦いや米中新冷戦が顕在化しています。

一方、バイデン新大統領就任演説の対象は、トランプ大統領就任演説はもとより、従来の大統領就任演説にも増して、他国やその市民も意識されたものになると考えられます。バイデン氏はアメリカ第一主義から国際協調主義への転換をうたい、気候変動対策や対中国政策などで同盟国と協調して政策を進めていくことをすでに明らかにしています。バイデン氏が唱えるスローガン「よりよい復興の実現へ(Build Back Better)」は、同盟国や友好国との連携強化によってアメリカの低下した戦略的地位を回復するという意思も含まれているのです。

③ 対立構造

演説の対象や聴衆を巻き込んだり味方に引き入れたりする最もシンプルなコミュニケーション手法は、対立構造を創り出すことです。

トランプ大統領は、選挙戦中「親トランプvs.反トランプ」「“赤い州”vs.“青い州”」といった扇動的な対立構造を創ってきましたが、就任演説では対立軸の相手を「エスタブリッシュメント」「ワシントン」と象徴的な概念に留めています。

■バイデンは概念やモノを対立軸に置くはず

一方、バイデン新大統領就任演説では、新型コロナウイルスや人種差別といった概念やモノが対立軸の相手として明示されると予想されます。バイデン次期大統領は指名受諾演説で、パンデミック(新型コロナウイルス)、経済危機、人種差別、気候変動という「4つの歴史的危機」に同時に直面していると訴え、それら不平等や不正義の修復に取り組むと述べています。

さらに、大統領選挙勝利演説でも、「アメリカ国民は、私たちに、私たちの時代の大きな闘いのために礼節の力、公平さの力、科学の力、希望の力を結集する(marshal)よう求めている。闘いとはウイルスを制御する闘いであり、繁栄をもたらす闘いであり、家族の健康を守る闘いであり、また人種的正義を実現する闘いであり、人種差別を根絶する闘いである」「気候をコントロールして地球を救う闘いであり、品位を回復して民主主義を守る闘いであり、そしてこの国のすべての人に公平な機会をもたらすための闘いである」と強調しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング