面接官やリクルーターが好印象な会社の共通項 約8割の学生で「社員と面接官」が志望に影響

東洋経済オンライン / 2021年1月21日 9時0分

第一生命保険(リクルーター・面接官のいずれも5位)も丁寧に学生に向かい合う点がJR東海と似ている。社員・リクルーターはとても親切だ。不安な気持ちを理解し、優しく応接しようとしている。

「本当に真摯に対応してくれる方が多かった」(その他私立大・文系)

「親身になって話を聞いてくれた」(中堅私立大・文系)

「不安な想いや就活の悩みを聞いてくれた」(その他私立大・文系)

面接官の人間力も優れているようだ。「人柄」という言葉が目立つ。

「社員の人柄と懇切丁寧な対応」(早慶大クラス・文系)

学生に向かい合う姿勢が同じでも学生に与える印象は異なる。JR東海や第一生命は、学生に優しく接して気持ちをほぐしているが、学生からは兄貴というより大人に映っているように思える。

楽天(リクルーター5位、面接官8位)の場合は会話のテンポが速く、学生はリクルーターを「兄貴分」「先輩」のように感じている。

「質疑応答のスピード、丁寧さ、明るくハキハキとチアーアップをしてくれる優しさ」(上位私立大・文系)

「学生目線で話してくれた」(上位私立大・文系)

現在の楽天の事業規模は大きいが、創業からまだ20数年と若い企業だ。成長の原動力はIT。そんな社風が面接にも反映され、フランクな会話が特色のように見える。

「気さくで自分のよさを引き出してくれようとした」(早慶大クラス・文系)

「とてもフランクな雰囲気で、自分らしさを出しながら話せた」(上位私立大・文系)

次に「印象の良かった社員・リクルーター」と「印象の良かった面接官」のいずれかに登場する企業へのコメントから印象深いものを紹介しよう。

ニトリ(リクルーター2位)で目を引くのは、先輩が後輩の面倒を見るようなフォローぶりだ。キャリアセンター顔負けのサポートがとても目立つ。

「他社の選考についてや就活全般のアドバイスを親身になってしてくれた」(早慶大クラス・文系)

「就職活動を本気で応援してくれていると感じた。自社に入社させたいというより、納得のいく就職活動をしてほしいという姿勢が好印象だった」(上位国公立大・理系)

「元気でハキハキしていた、このような社会人になりたいと思った」(上位国公立大・文系)

■親身な富士通、明るいカゴメ

富士通(面接官2位)のコメントで目立つのは、「親身」「優しい」「穏やか」「和やか」。圧迫面接とは真逆。学生を理解しようとする姿勢が評価されている。

「すごく親身に話を聞いてくれた」(早慶大クラス・文系)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング