1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「1泊8万円」の高級ホテルが強行出店する勝算 富裕層が年間に何度も訪れるサービスとは?

東洋経済オンライン / 2021年1月24日 9時0分

そのほか、料理を詰めたバスケットを手にピクニックを楽しむオプション、さらには夜の食事を楽しむためにヨガなどのエクササイズを行ったり、昼食を抜く、もしくはシェフ特製のスムージーで済ませるといった試みも進めるという。

こうしたオプションは、コロナ禍で積み上げたアイデアだ。現在、主軸のレストラン部門は厳しい推移だが、コロナをきっかけに家庭で楽しめるテイクアウト用メニューの開発など、高級店ゆえに手薄だった施策を進めてきた。当初は「フレンチをテイクアウトにするなんて」と葛藤もあったというが、客の要望に合わせたサービスを重視してきた。ホテルでも新サービスの実践に乗り出そうというわけだ。

遠藤社長はこう語る。「シェフの高いスキルを持って良い食材を使い、かっこいいレストランでテーブルについて食べるフレンチがおいしいのは当然のこと。だが、それをやれるレストランはほかにもたくさんある。御代田では食の体験をもう一段引き上げたい。よりおいしく食べさせるための場所や空間、施設は何かと考えている」。

背景には継続的に客を呼び込む狙いがある。観光目的の宿泊の場合、軽井沢周辺は極寒の地ゆえに、オフシーズンの冬は厳しくならざるを得ない。だが、オーベルジュとして四季折々の食材を用い、料理と体験を楽しむ場として訴求すれば、年間を通じて訪れる理由を作り出せるからだ。

実際、ホテル事業は好調だ。2020年7月以降、既存店売上高は前期実績を大幅に超えて推移しており、Go Toトラベル事業が一斉停止となった12月も前年同月比49%増を記録している。御代田でも独自のアピールで富裕層の心をつかむことができるだろうか。その成否はアフターGoTo、さらにはコロナ収束後も見据えた、業界の重要事例になりそうだ。

田邉 佳介:東洋経済 記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング