再婚後も「元夫と近居」ある女性が幸福なワケ 元夫宅で子どもを寝かしつけてから自宅に帰る

東洋経済オンライン / 2021年1月27日 17時0分

元夫と、再婚した夫との生活を並行して子育てと家事をこなす二重生活で女性が見つけた幸せとは?(写真:プラナ/PIXTA)

「最近、前の夫のうつ症状がだいぶよくなって、心の浮き沈みも改善してきました。今ではしっかり私の会社の仕事もこなしてくれていますし、子育ても家事もしてくれています」

以前お会いしたときには、別れた夫の体調を心配していた奈美さん(仮名、30代)ですが、その後どうしていたのか久々にお会いしたのでお話を伺ってみました。

奈美さんは20代前半で元夫と出会って3カ月でのスピード婚。元夫は奈美さんより10歳近く年上で、以前勤めていた会社の取引先の担当者でした。

当時会社勤めだった元夫は、結婚から2年ほど経った頃、仕事のストレスからパニック発作とうつ病を発症し、会社からも休むように促され休職。しかし、心療内科に通うも、電車に乗って通院しなければいけない環境も苦痛になり、治療がなかなかスムーズにいかず、2年間ほど重度のうつ症状が続き、寝たきり状態でした。

■子育てをしながら起業の準備

この頃、奈美さんはというと、1歳を過ぎたお子さんの子育てをしながら、自ら起業をしようと準備をしていたところでした。

内向的で外出を嫌う元夫は、そもそも通勤も苦痛だったようですし、今後体調が改善して復職してもまた繰り返してしまうのではないかと心配した奈美さんは、元夫に、自身が起業する会社で内勤業務で働かないかと提案したそうです。そうすれば、家から出ることなく安心して仕事ができますし、いずれにしても「何もしない状態」が続いては、本人の生活やメンタルの回復にもよくないのではないかという奈美さんからの提案でした。

その後、奈美さんは起業し、会社は急成長。元夫は闘病しながらも事務所兼自宅でウェブや広報などの内勤の仕事をスタートさせ、少しずつ自分の居場所も見つけたようで、症状も改善していきました。

しかし、それから3年ほど経った頃から奈美さんは離婚を考えるようになりました。

内向性が強く、石橋をたたいて渡るタイプのご主人に対して、奈美さんはとても外向的で何事に対しても積極的な真逆な性格です。元夫も奈美さんを見ていてハラハラしていたのか、「社会人経験がほとんどないくせに……」などといったモラハラ発言が多くなっていったそうです。

そして病気が改善してきても、なかなか子育てに参加してくれる様子もなく、そのうちに奈美さんは、「女性としても見られていない」という思いが強くなっていったと言います。

性格も真逆、意見も真逆、すべてが対立してしまうという関係が続いたとき、先々のお互いの幸せ、そして子どもの幸せを考えたときに離婚したほうがよいと決断。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング