1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

日立、三菱電、海外…大揺れ「鉄道メーカー」総決算 欧州3強は合併で2社に、中国中車は国外苦戦

東洋経済オンライン / 2021年7月5日 7時0分

イギリス・ドンカスター基地でカラーリングを施している日立製のクラス800(記者撮影)

新型コロナウイルスの世界的な大流行で人の移動が抑制され、各国の鉄道会社が苦境に陥った。経営立て直しに向け各社は競ってコスト削減や投資抑制を行い、新型車両の発注を先延ばししたり、発注そのものを見合わせたりするケースも出ている。これは鉄道車両メーカーにとっては売り上げの減少に直結する。

コロナ禍に揺れた2020年度、メーカー各社の決算はどのようなものだったのだろうか。

■日立「鉄道はグローバル3位に」

「日立製作所の鉄道事業はグローバルで第3位になった」――。同社のアリステア・ドーマー副社長は、6月8日にオンラインで行われた投資家向け(IR)説明会で誇らしげに語った。

日立の鉄道事業(鉄道ビジネスユニット)の2020年度売上高は前期比5%減の5477億円、事業再編などの影響を排除した調整後営業利益は同60%減の165億円に沈んだ。欧州・中東・アフリカで売り上げが344億円減、利益が233億円減と大きく落ち込んだことが響いた。

業績が前期よりも悪いにもかかわらず、ドーマー副社長の顔が自信に満ちているのは、世界の鉄道関連メーカーにおける売上ランキングが1つ上がったからだ。

この日配布された資料には日立は「グローバルで売上4位」と記載されている。上を行くライバルの名前は記載されていないが、その売上高からドイツのシーメンス、フランスのアルストム、カナダのボンバルディアという”ビッグスリー”と推測される。しかし、今年1月末にアルストムがボンバルディアの鉄道事業を買収し、ライバルが1社減った。

アルストムは買収によるスケールメリットを生かした競争力向上を狙うが、ドーマー副社長はむしろライバルが減ることによる投資機会の増大を歓迎する。

この資料には中国の2大メーカーの合併により誕生した世界最大の鉄道車両メーカー、中国中車が頭数に入っていない。「中国中車の売り上げのほとんどは国内向けだ」(ドーマー副社長)。中国中車の2020年度売上高は前期比0.5%減の2276億元(約3兆9000億円)、営業利益は同3%減の153億元(約2600億円)だった。巨大企業であることは間違いないが、中国以外の売上高は170億元(約2900億円)で、日立よりも少なく、グローバルでの存在感は低いということだ。

その中国中車の国外売上高は前年度から14%減った。米中貿易摩擦を契機に世界各国で新規受注の獲得が難しくなっているためだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング