1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「韓国人は日本人が大嫌い」と信じる人の勘違い 東京在住38歳韓国人と話してわかった日韓の今

東洋経済オンライン / 2021年7月26日 14時0分

38歳韓国人男性に聞いてわかった「日本と韓国の今」(写真:Oleksii Liskonih/iStock)

昨年知り合いになった韓国人のパク・チャンホ(仮名)さんと、先日、初めてゆっくりお話しをしました。

パクさんは38歳で、東京都に住んでいます。韓国で生まれ、国内の大学を卒業後、韓国の中堅メーカーに就職しました。退職して、6年前に来日し、現在は東京のエンジニアリング会社に勤務しています。韓国では良い転職先が見つからず、思い切って日本に来たということです。

パクさんとお話しして韓国の現状はどうなっているのか、韓国人が日本・日本人をどう見ているかなど、いろいろな気づきがありました。今回は、パクさんとの対話の中から印象に残ったことを紹介しましょう(あくまでパクさんという日本に住む日本びいきの韓国人の個人的な見解であることには留意してください)。

■「サムソン」の存在はあまりにも大きい

まず、お互いの経歴を話しました。私が日本石油(現・ENEOS)を辞めてコンサルティング事務所を開業したと伝えると、パクさんから「日沖さんはもっと分別のある人だと思っていたので意外です」と言われました。

パクさんによると、韓国人にとってサムソンに就職できるかどうかがすべてで、サムソンに入社したら自ら辞めることはありません。サムソンの入社試験の倍率は数百倍で、サムソンに特化した就職予備校があるそうです。もちろんENEOSはサムソンほど優れた企業ではありませんが、大企業社員の座を自ら手放すのは、「アホなやっちゃ」となります。

私のことはともかく、いま東大生には大企業よりも外資系コンサルティング会社のほうが人気あります。商社なども就職人気ランキングで上位を保っています。サムソン社員に非ずんば人に非ずで、サムソンに就職することが「唯一の正しい生き方」となっている韓国と比べて、日本のほうが働く人の価値観は多様性がありそうです。

韓国では、少子化がどんどん進行し、2020年の合計特殊出生率は0.84(日本は1.34)。この状況についてパクさんは「原因ははっきりしています。直接の原因は教育費と住宅費の高さ。さらにその原因は、やはりサムソンです」と明言しました。

パクさんによると、サムソンに入社するにはソウル大学か延世大学に入学する必要があり、小学校の頃から塾通いをしなければなりません。ソウルでは小学生の7割以上が塾通いをし、中学生なら週6日通うのが普通です。サムソンなど主要企業もソウル大学も延世大学もソウル市や近郊にあるので、ソウルの住宅価格は高騰し続けています。ソウルで住居を取得し、子供を産み、育てるのは至難の業になっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング