1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

iPhoneより大きく進化する「iPadOS 15」の新機能 大画面と「Apple Pencil」をさらに生かせる

東洋経済オンライン / 2021年7月27日 10時0分

また、画面下部を上方向にフリックした際に現れるAppスイッチャーのサムネールからも、Split Viewを作成できる。利用方法は簡単で、Appスイッチャーで表示されているアプリのサムネールを、ドラッグ&ドロップで重ねるだけ。2つのアプリの組み合わせを複数作っておき、Appスイッチャーで切り替えるといった使い方も可能。iPadの広い画面を生かしやすくなった。

■手書き文字認識「スクリブル」が日本語対応

スクリブルとは、iPadOS 14で導入されていた機能の1つ。手書きの文字を認識してテキストデータとしてコピーしたり、検索窓に直接キーワードを手書きしたりできるのが特徴で、iPadの売りであるApple Pencilを生かす機能として導入された経緯がある。ただ、iPadOS 14では、残念ながら英語や中国語には対応していたものの、日本語には非対応だった。

このスクリブルが、iPadOS 15でついに日本語に対応した。その効果がわかりやすいのが検索だ。Safariを開いているときに、URL/検索欄をタップすると通常はキーボードが現れるが、iPadOS 15でスクリブルを有効にしていると、そのままApple Pencilで文字を手書きすることが可能になる。書き終わるとそのまま文字が認識され、検索が始まる。

Safariの検索欄だけでなく、Spotlight検索、マップ、メモ、連絡先といったアプリ内の検索もスクリブルに対応する。サイト内に設けられた検索欄でも、スクリブルは機能するようだ。例えば東洋経済オンラインのトップページには、検索窓が設けられているが、ここにも直接Apple Pencilで文字を書き込むだけで検索をすることができた。これまではテキストを入力しようとすると、Apple Pencilをいったん手から離してキーボードで入力しなければならなかったが、スクリブルならそのまま手書きで入力できてしまうため、操作の流れがスムーズになる。

書き損じや認識ミスがあった場合でも、Apple Pencilだけで削除ができる。削除したいときは、波線を書くように入力された文字をこするだけ。テキストの上を横切るように線を引くと、その範囲が選択された形になり、「カット」や「コピー」などのメニューが現れる。文字入力だけでなく簡単な文字の編集まで行えるため、本当にApple Pencilだけで操作が完結してしまう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング