1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「夢を持とう」は子どもへの呪いの言葉でしかない 必要なのは、本人の価値観を知ることだ

東洋経済オンライン / 2021年7月30日 17時0分

子どもを縛る「呪いとなる言葉」とは、いったいどんなものなのでしょうか(写真:itakayuki/iStock)

子どもの将来はどんな親でも気になることでしょう。だからといって「将来何になりたいの?」と押しつけがましく質問すると、子どもは困ってしまいますし、「自分は夢がない人間なのだ」と考えてしまいます。

子どもを縛る「呪いとなる言葉」について、坪田塾塾長であり、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40あげて慶應大学に現役合格した話』でも知られる坪田信貴さんの新刊『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』から抜粋してご紹介します。

■将来の夢がないといけないのか

塾の面談や講演会でよく相談されることの1つに、「うちの子は将来の夢がなくて……」というものがあります。

親は子どもに「夢を持ってほしい!」と思うものですよね。それで「将来なりたいものはないの?」と詰め寄ってしまう。でもこれは僕に言わせるとNGです。

僕は「本当にやりたいことをやろう、ワクワクすることを選んでいこう」という話を、塾でもよくしています。それを受けてでしょうか、「私も子どもに同じことを言っているのに、うちの子はやりたいことがないと言うんです。夢がないんです。そういう場合はどうしたらいいんですか?」という相談をよくいただきます。

「将来なりたいものはないの?」という質問自体は、「将来これをやれ」と言っているわけではなく、「やりたいことをやったらいい」と伝えています。それはいいことです。

でも、少し考えてみればわかると思うのですが、「将来何になりたいのか」なんて、結構むずかしい質問なのです。

そもそも、「将来の夢」と言われても、自分の知識や経験の外にあるものを考えることはできません。たとえば、あなたは、スリランカに行ったことがなく知識もないのに「スリランカのどこに行きたいの?」と聞かれたとしたら、どう答えますか?

「名前はわかんないけどお寺かな?」

「お茶の美味しいところとか?」

そんな答えになってしまうのではないでしょうか。それと同じです。

子どもはどんな職業があるのかを知らないし、名前は知っていても仕事の内容をよく知りません。わからないことを聞かれて「どうして夢がないの? あなたの人生なんだからちゃんと考えて」なんて言われてしまうのです。

子どもから見ても、「なんでそうなるの?」と言いたくなるところかもしれません。

■出会う大人が親・先生・先輩・店長では職業は選べない

子どもに将来のことを考えてもらいたければ、やみくもに「将来何になりたいの?」と聞くのではなく、その子の性格や価値観などと照らし合わせて考えながら、「こういうことをするのが面白いんじゃない? ワクワクするんじゃない?」と提示することが大事です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング