1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

三菱電機、再び不祥事「変わらぬ後手対応」の唖然 社長交代2日後に検査不備をHPで公表したが・・・

東洋経済オンライン / 2021年8月5日 7時30分

社長就任会見で頭を下げた漆間新社長。この2日後、ホームページ上に業務用空調の検査不備に関する文章を掲載した(撮影:尾形文繁)

相次ぐ検査不正や社員の自死などの労務問題から立ち直りを目指す三菱電機。その取り組みに、早くも暗雲が垂れ込めている。

6月に発覚した鉄道用装置での検査不正を受け、杉山武史前社長が引責辞任し、専務執行役だった漆間啓氏が社長に昇格したのが7月28日。そのたった2日後の7月30日、三菱電機のホームページにひっそりと、「業務用空調・冷熱機器ご愛用のお客様へのお詫びと点検のお知らせ」と題する文章が掲載された。

同社の冷熱システム製作所(和歌山市)が製造したビルや店舗などの大型施設に使われる業務用空調について、最終検査工程に使う装置が断線による故障で正常に作動していなかった。具体的には、絶縁抵抗試験と耐電圧試験が常に合格になる状態となっていたという。

■7年間にわたり見落とされた不備

不備が起きていた期間は、2014年6月から2021年7月までの7年間。対象は578機種4万338台に及ぶ。うち27機種2430台は、電気用品安全法が定める検査ができていなかった。対象製品は、全て国内で販売されたものだった。

同社は法定検査ができていなかった製品の点検を進めるとともに、それ以外の製品も顧客の要望があれば無償で点検する。ただ、この試験とは別に通電による動作確認試験を実施しており、製品の安全性は確保できているとしている。

検査不備の期間は長かったものの、対象台数は限られており、再点検自体が経営に与える影響は軽微とみられる。だが、今回の不備は三菱電機が改善できない「問題体質」を改めて浮き彫りにした。

変わらない体質の1つが報告体制だ。

三菱電機によると、現場の冷熱システム製作所が問題を発見したのは7月15日。ところが事実確認に手間取り、製作所から本社に報告があったのは7月20日のことだった。その後も対応の検討に時間を要し、ホームページへの掲載は発覚から約2週間後となった。

その間、7月28日には漆間新社長就任に当たっての記者会見があった。

会見で「生まれ変わる当社の姿を示せるよう先頭に立つ」と宣言した漆間氏。しかし検査不備の話は会見後の夜まで、漆間氏に報告されなかったという。社長の意気込みとは裏腹に、就任初日から「組織の壁」に阻まれたかたちだ。

「時間がかかりすぎだ。顧客よりも、組織内での手続きのことばかり考えている」。三菱電機の製品を扱う販売代理店からは憤りの声が上がる。

検査不備に関する販売代理店への説明は、8月2日にようやく始まったという。「三菱電機は早くから把握していたのに、これまでわれわれへ何の説明もなかった」と、代理店の関係者は不信感を隠さない。

■社長交代後も後手後手の対応に

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング