1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「盗塁禁止」議論のウラにある"子どもの野球離れ" 「走り放題」が生む小学校野球のワンサイドゲーム

東洋経済オンライン / 2021年9月12日 10時0分

子どもの野球環境に大きな変化が起こっている(筆者撮影)

「『少年野球は盗塁禁止に』という声が出る背景事情」は大きな反響をいただいた。小学野球で、盗塁を乱用したワンサイドゲームが横行する背景には、実は深刻な問題が横たわっている。さらに深掘りしてみよう。

「僕らが子どものころは、近所の子どもと野球遊びをする段階があってから野球チームに入ったけど、今はそういうのがなくていきなりマジな野球だからちょっとかわいそうだね」

6年ほど前、高知で学童野球を見ていたときに、隣にいた新聞記者がこうつぶやいた。

彼の子どももその学童野球チームにいたのだが、筆者はこの言葉がずっと耳の底に残っていた。後で合点がいったが、この言葉は今の少年野球の実情を象徴していたのだ。

■日本野球が「つなぐ、走る」を重視するワケ

「日本野球と盗塁」の関係は思いのほか古く、深い。野球がお雇いアメリカ人教師によって第一大学区第一番中学(後の東京大)にもたらされたのは1872年だとされる。

ごく初期の日本野球の目標は「打倒、在留外国人チーム」だった。横浜に駐留する外国チームに勝つことが悲願だったのだ。しかし体格で劣る日本人は、当初は投打に圧倒された。旧制第一高等学校はバントや盗塁などの小技を多用し、在留外国人チームに対抗した。それ以降、日本野球は「小よく大を制す」を理想とし、そのための「つなぐ、走る」は重要な戦術となった。

大正時代になって中等学校野球大会(現在の高校野球)が始まって、野球人気は全国的なものになったが、彼らの野球も同様だった。出塁した選手をバントで送ったり、盗塁したりして得点に結びつけ、その得点をエースを中心に守り切るのが「日本野球」であり、ホームランを狙うなどのスタンドプレーは好ましいとはみなされなかった。

少年野球も1918年に京都で発明された「軟式球」を契機として盛んになった。あまり飛ばず体に当たっても安全な軟式球の発明で、少年野球は全国に普及した。甲子園大会を主催した朝日新聞、毎日新聞にならって全国の地方新聞が高等小学校(今の小学5年から中学2年に相当)やその下の尋常小学校の軟式野球大会を創設し、全国大会も開催した。

このころの小学校野球大会は、公認野球規則にのっとり「盗塁あり」だった。中等学校や大学の選手、指導者が指導に当たったこともあり、当時の高等小学校の野球も「つなぐ、走る」野球が主流だった。

広島県呉市は野球どころとして有名だが、昭和初期、呉市中心部の二河小学校に藤村富美男、隣の五番町小学校に鶴岡一人という有望選手が登場した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング