1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

牛めしの松屋が「弁当専門店」に手を出す事情 コロナ禍で外食大手が中食事業に本格参入

東洋経済オンライン / 2021年9月14日 8時0分

松屋フーズHDが都内にオープンした、弁当・総菜専門店「松弁キッチン」(記者撮影)

日本の空の玄関口「羽田空港」からほど近いエリアにある、京浜急行電鉄の糀谷(こうじや)駅。駅前には商店街が広がり、下町風情が漂う住宅街だ。そんな糀谷駅の中央口から1分ほど歩くと、「松弁KITCHEN」と書かれた青い看板が見えてくる。

松弁キッチンは、牛めしの「松屋」やとんかつの「松のや」などを運営する松屋フーズホールディングス(HD)が手がける弁当・総菜専門の新業態。オープン初日となった9月6日は、小雨が降りしきる中ではあったものの、近隣に住む主婦や年配の人たちが物珍しそうに店内の様子をうかがっていた。

■1店舗に3業態が同居

松弁キッチン糀谷店は、松屋と松のやの2ブランドが同居した「複合店」に併設されており、両ブランドの「コラボ商品」を展開していることに大きな特徴がある。

糀谷店の場合、松屋定番のおかず「牛焼肉」「カルビ」「厚切り豚」「牛皿」の4種類、松のやで人気のおかず「ロースかつ」「唐揚げ」「ささみかつ」の3種類、計12種の組み合わせを「オリジナル弁当」(500円、税込み以下同)で販売。松屋の牛めし並(380円)、松のやのロースカツ定食弁当(590円)など、通常店で販売している弁当メニューも取り扱う。

松屋フーズHDは店舗売り上げの最大化を狙い、1店舗に2業態が同居する複合店戦略に力を入れている。2019年11月に1号店を投入して以後、店舗数は徐々に増加。足元の2021年8月時点では、全店の1割弱にあたる約90店にまで拡大している。

当面、松弁キッチンはこうした複合店に併設するケースが基本となるため、1店舗で3業態が同居することとなる。糀谷店のような「松屋×松のや」業態に併設するパターンだけでなく、カレー専門業態の「マイカリー食堂」と松屋の複合店に併設するパターンも視野に入れる。

主な展開エリアはテイクアウト需要が見込め、夜間人口も多い郊外や住宅街。もともと松屋は都心店が多いため、コロナ禍でも、比較的客足の落ち込みが少なかった郊外エリアの強化という観点からも松弁キッチンが担う役割は小さくない。

今後は既存店の改装による増設と、新規出店両方のパターンで推進していく。具体的な店舗数の計画は未定としながらも「(松弁キッチンが併設できるような)候補店舗・立地はかなりあがっており、可能性があればいっきに拡大することもありうる」(松屋フーズ販売企画部の浜野隼氏)。

■「男性客」以外も取り込む

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング