1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

日本人が勉強しても「英語」ができない単純な理由 留学や英会話学校行くだけではできるはずない

東洋経済オンライン / 2021年9月21日 16時0分

英会話を何年も習っているのに、一向に英語が話せない、ということはありませんか?(写真:Fast&Slow)

英語、資格、ITスキルなどを学び始めたものの、途中で挫折してしまった……そんな人は少なくないはず。特に忙しい社会人が学習を続けるのは難しい。

そんななか、元ソフトバンク社長室長の三木雄信氏は、1年で英語をマスターできるプログラム「TORAIZ(トライズ)」を6年前に開発。これまで約6000人が実際に英語をマスターし、自らの夢をかなえているという。三木氏の最新刊『ムダな努力を一切しない最速独学術』から、社会人の学び直しにおいて最も重要なポイントを解説してもらった。

■「登る前に山を決めろ」

私がソフトバンクにいた頃、孫正義社長から繰り返し言われたことがあります。

「登る前に山を決めろ」

孫社長いわく、多くの人は「どの山を登るか」を決めないまま、やみくもに歩き出す。だが、自分がどの山を目指しているかわからないので、どんなに速く歩いても、山の裾野で同じ場所をぐるぐる回り続けるだけで、結局はどの山にも登ることができない。

「最初に『目指す山=ゴール』をはっきりさせろ。そうすれば、頂上への最短ルートも見えてくるので、どの道をどう歩けば効率的かもわかる。だからどれほど高い山でも、必ず最速で頂上に辿り着けるのだ」

そう何度も聞かされたものです。つまり孫社長は「まずゴールを設定しなければ、そこへ向かうための計画も立てられないし、結局は何も得られない」と教えてくれたのです。

孫社長が世界的な経営者になれたのは、単に頭が良かったからとか、行動力があったからではありません。人生計画があり、自分が将来達成したいゴールから逆算して必要な学びを重ねたから、大きな成功を収めることができたのです。

この話からわかるとおり、人生計画と学習計画はセットであり、この両輪があるからこそ、学習のゴールも明確化します。

ところが日本人は、ゴールを設定するのが苦手です。日本で学習のゴールといえば、高校や大学の入試に合格することです。最近は就職活動で有利になるために勉強する大学生も増えていますが、いずれにしても、社会に出た後はゴールを見失ってしまう人がほとんどです。

そもそも入試や入社試験にしても、「いい学校を出て、いい会社に入る」という親や先生が決めたレールに乗るために与えられたゴールであり、「その先に自分はどんな人生を送りたいのか」という人生計画に紐づいた目標ではありません。

つまり日本人の多くは、自分の頭で考えてゴール設定をした経験がないまま、大人になるわけです。だからせっかく学びの機会があっても、自分の人生をより良くするために役立てることができません。

■なぜ留学しても英語を話せないのか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング