1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

海外ドラマで英語学習「1話2回見るのがコツ」な訳 英語の音声と字幕機能を使ってフレーズを盗む

東洋経済オンライン / 2021年9月22日 17時0分

海外ドラマを楽しみながら、英語も学ぶ方法について解説します(写真:metamorworks/PIXTA)

英語を話せるようになるためには、普段からどれだけ多く話しているかが重要になります。が、人前で英語を話すのが恥ずかしいという人は多いのではないでしょうか。相手を意識せずに、話す量を増やす方法として「ひとりごと」をオススメするのが、自身の英語学習を紹介した動画が人気を呼んでいるMiracle Vell Magic(ミラクル・ベル・マジック)氏です。今回は人気の海外ドラマを見ながら、英語を学ぶ方法についてMiracle Vell Magic氏が解説します。

※本稿はMiracle Vell Magic氏の新著『英語が話せる人はやっている 魔法のイングリッシュルーティン』から一部抜粋・再構成してお届けします

前回:実践的な英会話を「一人で飽きずに」身につける技
前々回:苦手な人多い英会話「一人でうまく訓練する」コツ

■海外ドラマからフレーズを盗む

ボキャブラリーを増やすために、難しい参考書を読んだり単語カードをつくったりすることは必ずしも必要じゃありません。もちろん、いろんな角度から英語を勉強するっていうのはためになることだし、姿勢としてはとっても大切です。

でも、もし「英語の参考書見るのツライ」や「単語カードつくるの面倒」ってなってしまっていたら……他の方法を試してみるのはどうでしょう? ボキャブラリーは楽しみながら増やせます!

ここでは、ふだん楽しんで見ているものから、ひとりごとに使える英語をちゃっかり盗んじゃう、いろんな手段を紹介していきたいと思います。

最もオススメしたいのが海外ドラマからフレーズを盗むことです。海外ドラマには、日常会話でそのまま使えるフレーズが詰まっているので盗むのにうってつけ。それに、英語の参考書と何時間もにらめっこしているのはツライけど、海外ドラマなら延々と英語に触れていても苦にならないと思いませんか。

過去に『ストレンジャー・シングス』や『エミリー、パリへ行く』などにハマって、気づいたら丸1日経っていた!なんて経験がある人もいると思います。何を隠そう、私も根っからの海外ドラマフリーク。高校生のころからこれまで見てきたタイトルは数知れません。

今でも毎日「夜寝る前は海外ドラマか映画を見る時間」って決めています。そうして今、振り返ってみても、海外ドラマから英語を理解する多くのヒントを学べたっていう実感があります。

私みたいに海外ドラマを見ることがすでにルーティンになっている人はいると思います。だからこそ、ただただ見るなんてもったいない! これからは、海外ドラマを「1つでも使えるフレーズを盗む」っていう気持ちで見るようにしてみてください。その小さな一歩が、あなたのひとりごと英語をより洗練されたものにしてくれます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング