1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

毒で人間さえ殺すヒアリの「意外な天敵」の正体 無敵生物VSアメリカ、勝つのはどっちだ?

東洋経済オンライン / 2021年9月23日 15時0分

「ゴム手袋をした人の指に噛みつくヒアリ(写真:砂村栄力)

その毒は人や家畜を殺し、かつてのアメリカでは年間60億ドルもの経済的損失を与えた猛毒生物「ヒアリ」。実はこの非常にたちの悪い侵略生物にも「天敵」がいる。その意外な正体とは? サイエンスライターの大谷智通氏による新刊『眠れなくなるほどキモい生き物』(イラスト:猫将軍)より一部抜粋・再構成してお届けする。

その赤錆色をした小型のアリは、刺されると火で焼かれたように痛いので「火蟻」という名前がついている。学名はSolenopsis invicta。先頭の属名Solenopsisはラテン語で「管のようなもの」を、後ろの種小名invicta は「征服されない」という意味である。

征服されない――そう、ヒアリは強い。ほとんど無敵だ。

■無敵生物・ヒアリの生態

女王は多産で、働きアリの成長は早く、1匹の女王が5年もたつと約20万匹もの巨大コロニーをつくる。一つの巣の中で複数の女王が協力し、連合軍をつくることもある。

有機物の類いであればおよそなんでも食べるし、性質は極めて凶暴。自分たちの縄張りに侵入した生物は容赦なく敵とみなし、強力な毒針で刺したり、毒を浴びせかけたりして襲う。流れ着いた土地を瞬く間に侵略し、昆虫などの小動物、爬虫類、鳥のヒナや小型のほ乳類に至るまで、徹底的に貪(むさぼ)り食い、駆逐する。

そうして、元は南アメリカ大陸に土着の生物だったヒアリは、今や世界中にその勢力を拡大した。その破竹の勢いに、国際自然保護連合(ICUN)は彼女らを「世界の侵略的外来種ワースト100」に選定、日本も「特定外来生物」に指定している。

そう、ヒアリの侵略は自然界にとどまらない。私たちにも甚大な被害を与える。ヒアリは電気設備――彼女らは磁気に引きつけられる――をはじめとする社会インフラを物理的に破壊し、畑の作物の根を食い荒らし、農夫が蒔いた種を持ち去り、果樹園の若木を嚙みちぎり、食糧庫を汚染する。牧場の子羊や子牛、ヒヨコを襲撃して眼を潰し、最悪の場合は殺す。成牛を刺して乳の出を悪くする。

もちろん人も例外ではない。ヒアリの縄張りにうっかり足を踏み入れようものなら、たちまち土の中から大群が湧き出てきて咬みつかれ、毒針で滅多刺しにされる。刺されると火で焼かれたような痛みが走り、ひどく腫れるが、それで済めばまだ運のいい方だ。

毒への過剰なアレルギー反応は、まれに胸の痛み、吐き気、血圧低下、発汗、痙攣(けいれん)、意識の混濁、呼吸困難などの諸症状を引き起こし、死に至ることさえある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング