1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

政令市でも若者の流出が続く「静岡と浜松」の苦悩 静岡市は婚活支援や新幹線通学支援も行うが…

東洋経済オンライン / 2021年9月27日 13時0分

アーネ / PIXTA

日本に20ある政令指定都市(以下、政令市)。日本を代表する大都市のイメージが強いが、その大きさはピンキリだ。最大は横浜市の約376万人。一方、最小は静岡市の約69万人だ。なんと5.45倍の開きがある。

さらに、静岡県にはもう一つ政令市が存在する。浜松市だ。浜松も人口約79万人と政令市の中では小粒と言える。そして、この静岡の2大都市はともに「若者流出」という問題を抱えているという。その背景を検証してみた。

■「平成の大合併」で現在の姿に

徳川家康とお茶、そしてサッカーのイメージが強い静岡市。静岡県の県庁所在地である。最新の総人口は69万869人(2021年8月31日現在 日本人は68万1人)で、前年同月に比べて4702人もの減少となっている。

2020年中の総人口の減少数3979人は全国6番目に多い。しかも、日本人だけで見ると総人口の減少幅よりも多い4235人の減少となっている(こちらは全国5番目)。人口約69万人は政令市20市で最下位で、東京都区部の世田谷区(約92万人)や練馬区(約74万人)、大田区(約73万人)よりも少ない。

現在の静岡市は、平成の大合併で、2003年に清水市と、2006年に蒲原町、2008年に由比町と合併。2005年に全国14番目の政令市になった。市の総面積は1411.83㎢と広い。20都市中、浜松市に次ぐ2番目の広さだ。

市域は東西50キロ、南北83キロで、駿河湾から日本第3位の高峰・南アルプスの間ノ岳山頂(標高3190m)までをカバーしている。市街地は全体の2割、残りの8割は中山間地域で、市はこのエリアを「オクシズ」と命名し、活性化に取り組んでいる。

静岡市の人口の推移を見ると、清水市と合併した2003年4月の総人口は70万人を超えていた。しかし、2012年以降は減少の一途で、2019年3月末には総人口が70万人を割り込んだ。

ヤマハやスズキの本社所在地として知られる浜松市の最新総人口は79万7211人(9月1日現在 日本人は77万1912人)で、前年同月比で3680人の減少。2020年中の総人口の減少幅は2561人、日本人は2471人減だった。静岡市よりは減少幅が小さいが、それでも減少を食い止められず、政令市の中では15番目にとどまっている。

浜松市は2005年、天竜川・浜名湖地域の12市町村が合併し、人口80万人規模の静岡県最大の都市となり、2007年には政令市となった。合併を経ているだけに、市域は広大だ。総面積は1558.06㎢で、市町村では高山市(岐阜県)に次いで日本で2番目に広い。政令市では最大である。ピアノ製造、自動車・オートバイ製造、ウナギの浜名湖、そして浜松餃子と全国区の知名度を誇るものが多い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング