1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ジェネリック薬「どれも一緒」と考える人の大誤解 患者が積極的にメーカーを指定する時代が来る

東洋経済オンライン / 2021年9月29日 18時0分

薬によっては、その血中濃度を測定したり、その効果の指標を測定したりすることもあるのです。スイッチ後の再診までの期間は短くした方がよいでしょう。そして、効果だけでなく安全性についても、医師も患者も切り替え当初には特に慎重になるべきなのです。

ジェネリック医薬品を使うことが普通の時代となったからこそ、その使用について、医療者も患者も、より慎重にならなくてはならないのです。

(1)Manzoli L, Flacco ME, Boccia S.et al. Generic versus brand-name drugs used in cardiovascular diseases.Eur J Epidemiol. 2016 Apr;31(4):351-68.

(2)Holtkamp M, Theodore WH. Generic antiepileptic drugs-Safe or harmful in patients with epilepsy? Epilepsia. 2018 Jul;59(7):1273-1281.

(3)Y Tony Yang, Sumimasa Nagai Generic oncology drugs: are they all safe? Lancet Oncol. 2016 Nov;17(11):e493-e501.

(4)Tamargo J, Le Heuzey JY, Mabo P  Narrow therapeutic index drugs: a clinical pharmacological consideration to flecainide. European Journal of Clinical Pharmacology, 15 Apr 2015, 71(5):549-567

(5)Tsipotis E. Gupta N.R. et al. Bioavailability, Efficacy and Safety of Generic Immunosuppressive Drugs for Kidney Transplantation: A Systematic Review and Meta-Analysis  Am J Nephrol 2016;44:206-218

(6) R Gauzit, M Lakdhari Generic antibiotic drugs: is effectiveness guaranteed?  Med Mal Infect. 2012 Apr;42(4):141-

加藤 眞三:慶應義塾大学看護医療学部教授

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング