1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

住宅大手が「過去の苦い経験」越え海外進出のワケ 短期施工や品質の高さが追い風になっている

東洋経済オンライン / 2021年10月19日 10時0分

ハウスメーカーが海外進出を積極化している。画像は積水ハウスがアメリカ・ラスベガス近郊に建てたアッパークラス向け住宅の様子(2020年1月、筆者撮影)

20年ほど前の話。当時、筆者はハウスメーカー各社の取材にあたって、ことあるごとに問いかけていたことがあった。「海外で住宅を売ることを考えていないのですか」と。で、回答は総じて「そんなことあるわけないじゃないですか」だった。

鼻で笑われていたわけだ。ところが、今は様相がまったく違っている。

すでに海外進出で一定の業績をあげている企業、あるいは進出の足がかりを作っている企業が数多く見られるようになっている。中には、新型コロナウイルスによる混乱(コロナ禍)の世界的な広がりにもかかわらず、業績を大きく拡大している企業もある。

そこで、本稿ではハウスメーカーが海外に打って出る背景のほか、以前と現在では何が異なっているのか、そして今後の課題などについても紹介する。

■アメリカ・オーストラリアなど広がる進出先

海外展開を行っている主要なハウスメーカーと、その進出先について簡単に紹介すると以下のようになる。

・旭化成ホームズ
アメリカ、オーストラリア、台湾
・一条工務店
アメリカ、オーストラリア
・住友林業
アメリカ、オーストラリア、東南アジアなど
・セキスイハイム(積水化学工業住宅カンパニー)
タイ
・積水ハウス
アメリカ、オーストラリア、英国、中国、シンガポール
・大和ハウス工業
アメリカ、オーストラリア、中国など
・プライム ライフ テクノロジーズ(パナソニック ホームズ、トヨタホーム、ミサワホームなど)
アメリカ、オーストラリア、台湾、インドネシア、マレーシア、ニュージーランドなど
・三井ホーム
アメリカ

ここであらかじめ断りを入れておくと、この中には戸建て住宅のみならず、マンションや賃貸住宅、ホテル、商業施設などを供給している企業もある。また、このほかの中堅ハウスビルダーでも進出している企業がある。

いずれにせよ、本稿では戸建て住宅事業を中心に話を進めることに留意していただきたい。上記からおわかりいただけるだろうが、各社がとくに注力しているのがアメリカだ。

アメリカの新設住宅着工数はコロナ禍前の数年は年間120万戸ほどがあり、世界最大規模の住宅市場を形成していた。コロナ禍以降はテレワークブームを追い風に2020年度に138万戸となり、そして2021年度には150万戸を上回るとの予測もある。

その中で、とくに強い存在感を示しているのが住友林業である。2003年にシアトルで住宅分譲を開始。現在は西海岸から東海岸まで5社をグループ化し、販売網は合計14州に広がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング