1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

PMS?更年期?40代女性が悩む「不調」の見極め方 自分の身体を知るフェムテックサービスとは

東洋経済オンライン / 2021年10月30日 22時30分

40代になると、月経リズムや身体の不調に変化が出てきて不安に思うことも……。そんなとき役に立つアプリなどをご紹介(写真:topic_kong/PIXTA)

40代になると、月経リズムや身体の不調に変化が出てきて「もしかして更年期?」と不安に思うこともありますよね?

そんな悩める40代女性の身体について、婦人科医の福山千代子先生に伺いました。

■PMSと更年期障害「症状」で見極めるのは困難

PMSとは「月経前症候群」のことで、生理前に起こる心や身体の不調を指します。症状は、下腹部の張りや痛み、疲れやだるさ、肌荒れ、眠気といった身体的なものから、イライラや不安感、集中できないなど心の不調までさまざまあり、人によって現れる症状や程度も異なります。

一方、更年期障害は女性ホルモン「エストロゲン」の低下によって起こる不調のこと。更年期とは閉経する年齢の前後5年を指し、一般的には45〜55歳頃といわれています。更年期障害もPMSと似た不調が多いため、症状だけで判断するのは難しいといわれます。

――婦人科医の福山先生が解説! PMSと更年期障害のボーダーラインとは?

「正確にいうなら、閉経したときです。閉経前の5年間と閉経後の5年間(計10年)で現れる不調が更年期障害になります。ただ、閉経する前でもある程度の予想することができます。クリニックでしたら血液検査でエストロゲンの量を調べられますし、月経の状態から推測したりもします。ご自身で判断する方法としては、「不調が現れる時期」はひとつの目安になります。

不調が月経前のみに現れて月経が始まると落ち着くなら「PMS」、ほぼ毎日続くのなら「更年期障害」の可能性は高くなります。ただ、40代頃からは体力や基礎代謝が落ちてきますし、職場での責任が増えたり、育児に追われたりしますから、20代30代の頃と月経のリズムや量が変わったり、今までになかったPMS症状が出ることもあります」

――PMSや更年期の治療法は?

「人によって異なりますが、一般的にPMSの症状を軽くする場合は低容量ピルを使用してホルモンバランスを調整します。だるさや腹痛、吐き気など、対症療法として漢方薬を使うこともあります。

更年期障害の治療は、減少しているエストロゲンを補うホルモン補充療法のほか、対症療法として漢方薬やエクオールといったサプリメントの処方もします。ご自分に合う方法を見つけることで体調が楽になりますので悩まず、受診してみてください」

■忙しいアラフォーこそ使いたいフェムテックサービス

フェムテックとは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語のこと。女性が抱える健康や課題をテクノロジーで解決するサービスや商品を指します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください