1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

医師17万人が集結「日本医師会」の知られざる実情 横倉名誉会長が語った、医師会の意義と課題

東洋経済オンライン / 2022年6月26日 7時20分

17万人の医師の集団「日本医師会」の実情とは?名誉会長の横倉義武氏に聞きます(撮影:尾形文繁)

コロナ禍になって2年あまり。この間、テレビなどのメディアで頻繁に目にしたのが「日本医師会」だ。

今年4月には、日本医師会会長(当時)の中川俊男氏が、新型コロナウイルス対策をめぐって、「マスクは不要」とする動きに反論したのが記憶に新しい。

日本医師会は2年ごとに会長選挙が行われるが、その選挙が6月25日にあり、松本吉郎氏が新会長に選出された。

新型コロナの感染拡大が始まった2020年6月まで、4期8年にわたって会を束ねてきた名誉会長の横倉義武氏(ヨコクラ病院理事長・福岡県みやま市)に、私たちにはなかなか見えにくい「医師会という組織」について話を聞いた。

日本医師会とはどんな団体なのか?

――日本医師会は、会員数約17万4000人(2021年12月1日現在)の大規模な“学術集団”です。開業医の団体というイメージがあります。

横倉義武(以下、横倉):意外とそうでもなくて、今は会員の52%が勤務医、48%が開業医です。最近は特に勤務医が増えていますね。

医師会は、各地域に郡市区医師会があって、その上に都道府県医師会が、さらにその上に日本医師会があるという、三層構造になっています。

日本医師会は都道府県医師会の会員、都道府県医師会は郡市区医師会の会員で構成するというきまりがあるので、時々「日本医師会だけに入りたい」という希望を受けるんですが、現在はそれができません。ただ、これは見直さないといけないと思っています。勤務医の会員はいろいろな地域に異動するので、その都度、手続きが必要になります。それが結構、たいへんなんですよ。

――基本的な話になりますが、そもそも医師会の役割は何でしょう。

横倉:そこが問題で、実を言うと国民の皆さんだけでなく、会員自体も医師会の役割を自覚していないところがありました。それで、僕が会長になったときに綱領を作りました。

それは一口で言うと「国民のための医療体制を確立する」、ということです。もっとわかりやすいところで言えば、医師会会員になると地域の学校医や中小企業の産業医を担当してもらったり、住民健診に関わってもらったりしています。最近は違いますけれど、昔は、「学校医になって初めてお医者さんとして地域の人に認められた」という医師もいたんですよ。

政治と医療は切っても切れない関係

――そうなんですね。そうやって地域活動を行っている一方で、医師会というと日本の医療制度を担う厚生労働省や、いわゆる厚労族と呼ばれる国会議員に強い影響を与えている、政治に関わっている組織というイメージがあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください