1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

農家に聞く「甘いトウモロコシ」を見分けるサイン 入手困難と話題の品種「甘々娘」も食べてみた

東洋経済オンライン / 2022年6月30日 20時0分

地元静岡県の直売所では毎日完売するほど大人気のとうもろこし「甘々娘」。なんと糖度が18〜20度という脅威の甘さで、生でも食べられると話題になっています。そんなとうもろこしをわが家も食べてみました!(写真:Domani)

話題のとうもろこし「甘々娘」

ようやく夏本番にさしかかってきたこの頃、スーパーにとうもろこしが並ぶようになりました。甘くてみずみずしくて、子どもも大好きなとうもろこし。おやつにお菓子はあまりあげたくないな……という方も、これなら安心して食べさせられるのではないでしょうか。今回紹介するのは話題のとうもろこし「甘々娘(かんかんむすめ)」。山梨や静岡で多く作られている品種のようです。農家の方に聞いた甘いとうもろこしの見分け方も解説します!

話題のとうもろこし「甘々娘」を直売所で発見。わが家も食べてみました!

甘々娘は、その名のとおり糖度が18〜20度という脅威の甘さで有名です。希少価値が高く市場に出回りにくいので「幻のとうもろこし」とも言われるほど。生でも食べられるのですが、わが家では蒸して食べてみました。

粒の皮が薄く、食べた瞬間口いっぱいに甘みが飛び出します。フルーツを超えるんじゃないか?というくらい、想像以上の甘さ。3本購入しましたが1日であっという間に完食してしまいました。子どもも大満足なので、見つけ次第再購入決定です!

農家さんに聞いた、甘いとうもろこしの見分け方

収穫時期にあたる6月〜9月はとうもろこしの旬。せっかくだからよりおいしく味わいたい!ということで、農家さんに甘いとうもろこしの見分け方を伝授していただきました。

1. ひげの数と色をチェック

とうもろこしのひげは、1粒の実に対して1本がつながっているのだそう。ひげがふさふさであるほど、実がぎっしり詰まっている証拠です。また、ひげの色が黒っぽくなっていると完熟のサイン。

2. 皮と切り口の色をチェック

新鮮なとうもろこしほど、皮は濃い緑、切り口は太く白くなっています。時間が経って鮮度が落ちると、だんだん切り口が黒くなってしまいます。

とうもろこしは鮮度が落ちやすい野菜。収穫された瞬間から糖がでんぷんに変化しはじめ、甘みが薄れていくようです。鮮度が落ちないうちにいただくのが、美味しく食べるいちばんのポイントのようです。

Domanist 花田彩歌
子どもとの過ごしやすさを重視した、育児をしながらできるおしゃれを満喫。趣味はテニスで、週末は子どもと一緒に出かけることが多く、アクティブに過ごしている。
Instagram:https://www.instagram.com/ayaka_.87/

Domani

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください