1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

おしゃれな街「自由が丘」密かに抱いていた危機感 高層ビルなかった街が大型再開発に踏み切る訳

東洋経済オンライン / 2023年11月2日 7時50分

自由が丘駅前の再開発現場。3カ月ほどでみるみる更地に。2023年に9月4日撮影(写真:筆者撮影)

これまでほとんど高い建物がなかった自由が丘が大きく変わろうとしている。東急東横線・同大井町線自由が丘駅前で地上14階、高さ約60mの再開発ビルの建設工事が始まったほか、同区画と道路、線路を挟んだ2カ所でそれぞれに再開発の動きがある。雑貨やスイーツなどで知られる自由が丘はどう変わっていくのか。

【写真で見る】魅力も多いが、意外と「課題」も多い自由が丘、再開発計画の全貌

自由が丘の魅力と課題

自由が丘は1920年代、車社会の到来以前に鉄道敷設に伴って作られた街である。そのため、駅を中心に広がる半径約200mほどのコンパクトな商業、近隣商業エリア内には車の通行を前提としていない細街路が多く、それが街の魅力になっていると同時に課題にもなっている。

バス通りですら道幅が狭く、車の往来、人とのすれ違いに危険を伴うだけでなく、駅近くの商業地域に立地していても小規模な建物しか建てられないのである。

また、3カ所ある東急東横線の架道橋は2.2m、2.5m、2.9mと高さがなく、救急車両が通れない懸念がある。交差する同大井町線も含めると7カ所の踏切は街を分断、災害時の避難に影響を及ぼしかねない。

さらに驚くべきはこのエリア内に補助127号、補助46号、補助208号という3本の都市計画道路が走っていること。最も古い補助127号は昭和20年に計画決定されており、以降、都市計画道路に面した土地はいつ始まるとも知れない道路工事のために建物の構造や階数の制限などを受けてきた。街、建物を更新しようとしてもできない状態が長らく続いてきたというわけである。

その一方で街としての自由が丘は長らく右肩上がりの成長を続けてきた。

特に1980年代には1970年代創刊の「anan」「nonno」「JJ」などといった女性誌にファッションの街、雑貨の街として頻繁に取り上げられた。ロケ地としてテレビドラマに登場することも増え、全国的に知られるようにもなった。同時期には人気絶頂だった松田聖子や俳優の津川雅彦が店長を務める店なども誕生、街中には行列ができたものである。

その後、2003年に自由が丘スィーツフォレストが誕生。スイーツの街としても知られるようになり、現在は美容室が100軒以上、それ以外にネイルやエステのサロンも集積する街になるなど、新しい顔を見せるようにもなっている。

新宿や池袋、二子玉川、武蔵小杉との競争

だが、ここ10~15年、このままでいいのかという議論が起こってきたと、自由が丘のまちづくり会社で都市再生推進法人であるジェイ・スピリットの岡田一弥氏は言う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください