1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

踊り場か成長の終わりか、テスラが迎える「岐路」 EV市場の競争激化、迫るBYD。カギを握る新車種

東洋経済オンライン / 2023年11月8日 7時0分

急成長してきたテスラだが、業績は伸び悩みを見せている(撮影:尾形文繁)

EV(電気自動車)市場のトップを走るテスラが減速している。10月18日に発表した2023年第3四半期(7月~9月)は、売上高が前年同期比8.8%増の233.5億ドル、営業利益は同52.2%減の17.6億ドルとなった。

【グラフで見る】テスラの低下、BYDは上り調子で営業利益率は拮抗

業績のスローダウンを嫌気してか、決算発表翌日の19日には220ドルと発表前日の17日から13.6%、18日からでも9.3%下落。足元でも220ドル前後で推移している。

2023年7~9月の出荷台数は前年同期比26.5%増の43.5万台。同83%増だった4~6月から伸び率が大幅に鈍化した。ただし、これは前年4~6月(約25.4万台)と7~9月(約34.3万台)の水準による影響が大きい。

前四半期比で減収、単価は3四半期連続で下落

むしろ懸念すべきは、2023年7~9月の出荷台数が4~6月(46.6万台)から6.7%減少したこと。テスラの出荷台数が前四半期比でマイナスとなることはこれまでも数回あった。過去と同じように一時的な踊り場なのか、成長ステージが終わりつつあるのか気になるところだ。

売上高を出荷台数で割った1台当たり単価は前年同期の約6万2400ドルから約5万3600ドルへ14%ダウンした。これは3四半期連続である。EVの競争が激化する中で車両価格を値下しげたことに加え、より高級な「モデルS/X」が減り、中価格の「モデル3/Y」の比率が増えたことが影響している。

結果、稼ぐ力も低下している。2023年7~9月の営業利益率は7.6%。前年同期は17.2%だった。2021年第2四半期以降、自動車業界では極めて高い2桁の利益率をたたき出してきたが、9.6%と大台を割り込んだ4~6月からもう一段、利益率が悪化した。

今四半期には生産効率化のための改修工事で一部工場の生産ラインを一時的に停止した影響があったほか、新車種「サイバートラック」の量産に向けたパイロット生産の費用がかさんだこと、研究開発費を前年同期比58%増やしたといった事情もある。

もっとも、車載バッテリーのコストが高いEVは利益を出すことが難しいとされる。既存の大手自動車メーカーのEV事業は軒並み赤字と思われる。7%台というテスラの利益率が依然、驚異的であることは確かだ。

アメリカではGM、フォード、ステランティスの「デトロイト3」が、全米自動車労働組合(UAW)のストライキを受けて大幅な賃上げをのまされた。相対的なテスラの競争力は強まる可能性が高い。

テスラを猛追するBYD

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください