1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ、利益4.5兆円の上り調子とアキレス腱 HV急伸で絶好調、EVで戦える体制をつくれるか

東洋経済オンライン / 2023年11月9日 7時30分

「多くの選択肢が増え、たいへん厳しい価格競争に入っている」。宮崎CFOはEV市場をそう分析したうえで「『bZ4X』を中心としたトヨタのEVはまだまだ改善の余地があるというお客様からのメッセージと受け止めている」と自社EVについて課題があるとの認識を示した。

テスラやBYDは内外装デザインの先進性やソフトウェアを軸にしたサービスで既存自動車メーカーのEVとの差別化を図っている。苦戦を反映してか、トヨタは今期のEV販売計画を、期初の20万台から12.3万台に引き下げた。

EVシフトに苦しむ各社、揺り戻しの可能性

EVシフトに苦しんでいるのはトヨタだけではない。フォルクスワーゲンはEV2車種について独工場での生産を2週間停止すると発表。ゼネラル・モーターズ(GM)はミシガン州でのピックアップトラックEVの生産を1年延期することを決定した。

時代の寵児とされるテスラですら、値下げによって利益率が低下している。EV市場の過当競争と伸び悩みが大きな要因で、ここにきて世界的にEV疲れのような雰囲気が出てきた。

現状、希少金属を多く使う電池のコストが重いEVは採算確保が難しい。フォードは2023年のEV関連事業の損失が6000億円以上になると予想する。トヨタの好業績はEVが売れていないからともいえる。

もっとも、多少の揺り戻しはあっても、自動車市場の一定以上の割合をEVが占める未来図は変わりそうにない。トヨタは2030年に350万台のEV販売目標を掲げており、ライバルが踊り場にさしかかっている今は追い上げるチャンスだ。

「ジャパンモビリティショー」では多数のコンセプトEVを展示。プレスブリーフィングで佐藤恒治社長が「クルマ屋らしいバッテリーEVを造る」と強調した。ただ、EVが増えてきたときに現在の利益水準を保てるかはわからない。

トヨタはHVの台数増や生産改善などで得た利益をEVなど次世代領域に投じる好循環を描く。車体部品の一体成型技術「ギガキャスト」をはじめとした生産改革、全固体電池や車載OS(基本ソフト)「アリーン」の開発などコストと商品の両面で競争力を高める取り組みにも余念がない。

円安の追い風が吹くうちにEVでも戦える体制をつくることができるのか。

横山 隼也 :東洋経済 記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください