1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

BYD第3弾「SEAL」超速開発と思えぬ完成度の脅威 スピーディな開発力こそBYDのポテンシャル

東洋経済オンライン / 2023年11月11日 13時0分

間もなく日本上陸を果たすBYD SEAL。「3.8S」のエンブレムは0-100km/h加速3.8秒の性能を意味する(写真:BYD AUTO)

BYD「SEAL(シール)」が、日本上陸を控えている。シールは、2023年に日本導入された「ATTO3」と「ドルフィン」に続く、日本で3番目になるBYDのBEV(バッテリー駆動のピュアEV)。

【写真】ポルシェ「タイカン」にも似たスポーツセダン「SEAL」

2024年の導入を前に試乗のチャンスがあり、同時にBYDオートの製品戦略を聞くことができた。

バッテリーセルをボディ構造の一部に

先に導入された2モデルはクロスオーバータイプだったが、シールは趣を異にしており、エレガントでやや古典的ともいえるファストバック的なスタイルを特徴とするセダンだ。

本国ではシングルモーター、ツインモーター、それにPHEV(プラグインハイブリッド)がある。そのうち、日本にはツインモーターの全輪駆動とシングルモーターの後輪駆動が導入される予定だ。

ツインモーターは合計最高出力390kW、最大トルク670Nmというパワフルさがセリングポイント。そのため、中国での試乗会場には、珠海(Zhuhai)国際サーキットが選ばれた。

F1招致も考えていたという珠海国際サーキットに掲げられていたシールのバナーを見ると、「Innovation Meets Acceleration」とある。ちょっと強引に訳せば、「技術革新を通して先へと加速する」となるだろうか。

なにしろ、シールの特徴は加速性能だけでない。

駆動用バッテリーを床下に搭載するのは他社と同じだが、バッテリーセルをモジュール化し、それをパックにまとめてシャシーに組み込むという従来の“セル・トゥ・パック”方式でなく、さらに先へと進んでいる。

シールは、BYD(傘下のブランド共用の)最新の「eプラットフォーム3.0」を使いつつ、“セル・トゥ・ボディ”といって、モジュールやパックを省略。バッテリーセルをボディ構造の一部としているのが、大きな特徴だ。

そもそもBYD車は、「ブレードバッテリー」という、独自の設計による薄型バッテリーを搭載して他社の製品とは一線を画していた。

今回のセル・トゥ・ボディで、従来以上にスペース効率が上がり、同等の性能をよりコンパクトなサイズで実現できたとメリットが強調されている。

「それだけが特徴ではありません」、そう語るのは、珠海の試乗会場で話を聞いたアジアパシフィック地域を統括する、劉学亮(Liu Xueliang)ゼネラルマネージャーだ。

「BYDは、モバイルフォンのバッテリー開発を含む受託生産事業が原点。そのため、BYDオートが手がけるクルマについても、通信とバッテリーという、重要な機能を自社開発して組み込んだクルマを作る力をもっているのです」

ワイヤレス通信によるアップデートも可能

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください