1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「有名企業への就職に強い大学」トップ200校 早慶、東大、京大などの就職者が多い企業は?

東洋経済オンライン / 2023年11月11日 7時30分

一橋大は昨年と同じ実就職率を維持しているが、豊田工業大に押し出される形で1位から2位に順位を下げた。就職者が多い企業は、大和証券、楽天グループ(各25人)、EYストラテジー・アンド・コンサルティング(15人)、明治安田生命保険(13人)、アクセンチュア、あずさ監査法人(各12人)など。

3位東京工業大の就職者が多い企業は、ソニーセミコンダクタソリューションズ(31人)、日立製作所(29人)、NTTデータ、ソニー(各25人)、アクセンチュア(24人)などとなっている。

早稲田大学と慶應義塾大学の就職者が多い企業

4位は昨年と同順位の慶應義塾大学。卒業生数を上位3大学と比較すると、豊田工業大の59倍で、3大学の中で最多の東京工業大との比較でも2.6倍。このように卒業生が多いにもかかわらず、実就職率は44.2%と上位3大学と大差ない。

当然、有名企業400社の就職者数も多く、豊田工業大の63倍に当たる2891人に上る。ちなみに有名企業400社の就職者が最も多いのは11位の早稲田大学で3266人。同大は、1万人を超える卒業生がありながら、その内の34.0%が有名企業に就職している。

早慶の就職者が多い企業を見ておこう。慶應義塾大は、アクセンチュア(86人)、楽天グループ(79人)、NTTデータ(75人)、野村総合研究所(70人)、PwCコンサルティング(69人)。早稲田大は、NTTデータ(101人)、楽天グループ(93人)、富士通(82人)、アクセンチュア(81人)、ベイカレント・コンサルティング(65人)などとなっている。

慶應義塾大以下は、5位名古屋工業大学、6位東京理科大学、7位電気通信大学、8位九州工業大学、9位名古屋大学、10位大阪大学で、工科系トップ大学と旧帝大が名を連ねる中、最難関の東京大学(24位)と京都大学(15位)は意外に順位が低い。

東京大と京都大ともに、一般企業以外の就職者が多いことが実就職率が上がらない一因となっている。公務員離れがいわれる東京大だが、それでも外務省(24人)、総務省、経済産業省(各19人)、財務省(18人)などトップ省庁に数多く就職している。教員や研究者など自大学に残るケースも多く、附属病院を合わせると、東京大は173人で京都大は161人となっている。

両大学の就職者が多い企業は、東京大がアクセンチュア、ソニーグループ(各57人)、楽天グループ(47人)、日本IBM(34人)、野村総合研究所(32人)。京都大はアクセンチュア(36人)、楽天グループ(28人)、三菱重工業(25人)、野村総合研究所(23人)、住友化学、三菱UFJ銀行(各20人)など。

コンサルティング会社への就職が増加

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください