1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

アニメ会社が「あの石油大国」でこぞって狙う金脈 サウジの「オイルマネー」に熱視線が集まる理由

東洋経済オンライン / 2023年11月18日 7時50分

現地企業によるアニメ事業の展開も勢いを増している。

「コンテンツ産業におけるわれわれの役割は、石油産業におけるサウジアラムコと同じ。サウジアラビアで油田が発見された当時は外国企業に頼る必要があったが、サウジアラムコの登場以来、さまざまな産業が生まれていった」

そう話すのは、コンテンツ制作企業「マンガプロダクションズ」のイサム・ブカーリCEOだ。同社はムハンマド皇太子が直轄する、ミスク財団の子会社。アニメやゲームの制作・配給などを軸に、サウジのエンタメ・コンテンツ事業を担っている。

ブカーリCEOは早稲田大学への留学経験もあり、日本語を流暢に話す。2017年にムハンマド氏が皇太子に昇格したタイミングで、マンガプロダクションズのCEOに抜擢された。

ブカーリCEOの就任後にまず進められたのが、日本を代表するアニメ制作会社である東映アニメーションとの“関係修復”だ。

東映アニメーションの清水慎治顧問によれば、サウジアラビアとのアニメ製作の企画は2011年ころから始まっていた。しかし当時はコミュニケーションなどがうまくいかず、「途中でプロジェクトが止まってしまった」(清水氏)。アニメ好きのムハンマド皇太子の就任を機に、企画を再開しようという流れになったのだという。

2社で共同制作したアニメ映画『ジャーニー』は2022年にオランダの映画祭で賞を取るなど、成功を収めた。清水氏は「サウジ企業には莫大な資金力があり、制作した映画を世界中で配給してもらえる。インドネシアやマレーシアなどのイスラム世界でも広く見られていて新鮮だった」と話す。

直近でも、人気アニメ制作会社のウィットスタジオが手がけるオリジナル作品『GREAT PRETENDER razbliuto』(2024年展開予定)で中東・北アフリカ地域でのライセンス展開を任されるなど、業界内での存在感を高めている。

オイルマネーを元手に投資を惜しまないサウジは、日本のアニメ会社にとって魅力的な市場である一方、攻略するうえでの課題も多い。

2022年秋から2023年初にかけてサウジ政府が開催した大規模エンタメイベントにおいて、電通などによる共催で開かれた「ジャパンアニメタウン」。約30タイトルものアニメを楽しめる展示施設が目玉だったが、あるアニメ関係者によれば、スケジュール調整における商慣習の違いなどが原因で展示エリアの施工が間に合わないなど、現場では混乱が生じていたという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください